サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

締切済み
すぐに回答を!

廃インク吸収パッド満杯 

2022/03/03 14:25

■製品名を記入してください。
【    MFC-J6770CDW    】
■どのようなことでお困りでしょうか?
 相談したいこと、トラブルに至った経緯、試したこと、エラーなどを教えてください。
【     購入店 又は メーカーサービスに依頼が必要となっているが
連絡先が分からない                   】

■お使いの環境について教えてください。
・パソコンもしくはスマートフォンのOSは何ですか?
(例)Windows・MacOS・iOS・Android
【   Windows     】
・どのように接続されていますか?
(例)有線LAN・無線LAN・USBケーブル・bluetooth
【 有線LAN  】
・関連するソフト・アプリがあれば教えてください。
【        】
・電話回線の種類は何ですか?
(例)アナログ回線・ISDN回線・ひかり回線・IP電話
【アナログ回線 ひかり回線     】
---------------------------------------------
※以下は記入いただく必要はありません。
■閲覧していたFAQのタイトル
【インクジェット プリンター】「まもなく廃インク満杯」または「廃インク吸収パッド満杯」と表示されました|ブラザー

■閲覧していたFAQのURL
https://faq.brother.co.jp/app/answers/detail/a_id/10665



※OKWAVEより補足:「ブラザー製品」についての質問です。

回答 (5件中 1~5件目)

2022/03/05 12:07
回答No.5

こんにちは。

https://www.brother.co.jp/product/support_info/repair_serv/mfc_color_inkjet/index.aspx
MFC-J6770CDWは2022年3月末をもって修理対応が終了となります。
(修理対応終了に伴い、廃インク吸収パッドの交換もできなくなります)
他社製で廃インクを溜める構造をタンク式にした機種がございますので、これを機に新しいプリンターへの買い替えをお勧めします。

エプソン PX-M6011F
https://www.epson.jp/products/bizprinter/pxm6011f_m6010f/
*水にぬれても、水性マーカーで引いてもにじみにくい耐水性を持つ
 顔料インクを採用しています
*Wi-Fiが5GHz帯(IEEE802.11a/n/ac)にも対応しており、電波干渉が
 起きにくく、安定した通信が可能となりました
*ADFを搭載しながら、ラウンドコーナーやフラットトップを
 採用し、凹凸の少ないすっきりデザインとしています
*ディスプレイはMFC-J6770CDWよりも大きい4.3型ワイドの
 タッチパネルを搭載し、操作ボタンをアイコン化することで
 使いやすくなっています
*クリーニングや印刷時に消費される廃インクの構造をタンクにした
 メンテナンスボックスを採用
 タンクが満杯になってもユーザー自身で交換可能なため、パッドの
 交換のために修理を依頼することも、修理に伴って使えなくなる
 期間(ダウンタイム)もなくなります
 メンテナンスボックスは2,618円(エプソン直販の場合、消費税込)
 で売られており、パッドの交換費用よりも大幅にコストカットが
 可能で、プリンターを動かさなくても交換可能なように前面に
 配置しています
 ※参考:パッドの交換費用は送料・消費税込みで22,550円
*紙詰まりなどのトラブル発生時や操作が分からない時に
 プリンターの画面上で手順を確認可能なガイダンス機能を備えます

このQ&Aは役に立ちましたか?

2022/03/03 15:12
回答No.4

廃インク吸収パッド交換は修理対応となります。
【インクジェット プリンター】オンライン修理申し込み
https://myportal.brother.co.jp/ContactUs/RepairRequest1.aspx?model=MFC-J6770CDW&type=public&repairType=normal
 ここから申し込めが良いでしょう

2022/03/03 15:06
回答No.3

https://www.brother.co.jp/product/support_info/repair_serv/mfc_color_inkjet/index.aspxの表に載っていますが、金額がありませんよ。古いので無理です。ザンネンですが、買い替えも考えて下さい。

2022/03/03 14:53
回答No.2

こちらの製品ですね。
https://support.brother.co.jp/j/b/producttop.aspx?prod=mfcj6770cdw&c=jp&lang=ja
2013年11月発売のモデルで、発売開始から8年以上が経過したモデルとなります。
廃インク吸収パッドが満杯の場合は、下記リンクからブラザーへ問い合わせが可能となります。
https://myportal.brother.co.jp/ContactUs/RepairRequest1.aspx?model=MFC-J6770CDW&type=public&repairType=normal
ただ、MFC-J6770CDWは発売後8年が経過していることもあり、修理対応は今月(2022年3月)いっぱいで終了となります。
https://www.brother.co.jp/product/support_info/repair_serv/mfc_color_inkjet/index.aspx
廃インクパッド交換を依頼されるのであれば、急がれたほうが良いでしょう。
また、今回交換したとしても、発売後8年経過していますからいつ他の部分に不具合が出てもおかしくありません。
この先不具合が出たらもう修理は不可能ですので、修理金額19800円+送料手数料等を考えるとちょうどいい機会と考えて新しい製品への買い替えも検討されたほうが良いかと思われます。

以上、ご参考まで。

2022/03/03 14:33
回答No.1

その表示が出るという事は使用頻度が高く、大事に、長く使われてたのではないかと拝察します。
またはヘッドクリーニングや電源ON・OFFを頻繁にされる使い方をされた可能性があります。
一般的な使われ方をされても5年くらい経過したあたりから一杯になってきますね。
廃インク吸収パットは、クリーニング時や印刷中に排出された廃インクを吸収するための部品です。
残念ですが、エンドユーザーで交換することはできません。
メーカーでの修理交換もしくは買い替えとなります。
【供給部品の保有期限が過ぎたため、修理対応を終了させていただきます。 なお、修理以外のお問合せについては、このままサポートを継続いたします。】
と明記されている製品でしたら、残念ですが、寿命となり買い替えとなります。

関連するQ&A