利用者同士で解決するサポートコミュニティOKBIZ. for Community Support

ブラザーサポート広場 へようこそ
締切済み
すぐに回答を!

複合機のFAX受信できない

2019/09/29 13:37

MFC-J840Nを使ってます。
送信は出来るけど受信ができません。
ドコモフレッツ回線です。
電話機能などは正常です。
何が原因でしょうか?

※OKWAVEより補足:「ブラザー製品」についての質問です。

回答 (3件中 1~3件目)

2019/09/30 12:10
回答No.3

症状から
・ひかり電話ルーターとの接続が不適切
→ルーター背面の電話線は番号が若い方を使っているか
→プリンター側の接続は下記の通りしているか
https://support.brother.co.jp/j/b/faqend.aspx?c=jp&lang=ja&prod=mfcj840n&ftype3=10061&faqid=faq00012104_000

・回線種類の設定が不適切
回線種別の設定
https://support.brother.co.jp/j/b/faqend.aspx?c=jp&lang=ja&prod=mfcj840n&faqid=faq00010293_008
安心通信モードの設定
https://support.brother.co.jp/j/b/faqend.aspx?c=jp&lang=ja&prod=mfcj840n&ftype3=10031&faqid=faq00012342_000
特別回線対応モードの設定
https://support.brother.co.jp/j/b/faqend.aspx?c=jp&lang=ja&prod=mfcj840n&ftype3=10031&faqid=faq00012341_000

あたりをまずはみなおしてください。

このQ&Aは役に立ちましたか?
2019/09/29 15:33
回答No.2

私は、ブラザーや、ドコモの関係者ではありません。
この質問が、fkdsij さんの操作によって、ブラザーの質問サイトから、外部サイトに接続されて、誰でも閲覧・投稿が出来る一般の質問サイトの「OK WAVE」にも表示されました。
私の回答は「OK WAVE」からです。




NTT東・西の「ひかり電話」を契約なのですね。
そして、FAX用の番号が、電話用の番号と同じなら、受診モードの「メッセージ応答や自動受信」を設定しているならば、それらの設定を解除して、FAX受信は「手動」で受信してください。

電話会社の交換機は、FAX通信か電話通話なのかの、区別で出来ません。
電話着信側/FAX受信側が、応答状態になってFAX機能が応答すれば、FAX機がピーヒョロヒョロという音を出してFAX受信OKとなります。(送信側FAX機は、ピーピーピーという音がFAXの送信という信号)
この受信側FAX信号と、送信側FAXの信号とで、FAX通信が開始します。

質問のFAX受信が出来ないということは、着信側電話(受信側FAX)が応答する前述の「メッセージ応答やFAX自動受信」のタイミングがオーバーとなってFAX受信が出来ないことがほとんどです。
しかし、「メッセージ応答やFAX自動受信」のタイミングの設定によっては、電話が着信できなかったり、FAX受信が出来なかったり、非常に難しいのです。(FAX自動受信の設定がうまく出来たと思ったら、お客など電話をしてきた人などから、電話が通じないと毎日多発します)

だから、電話用の番号と、FAX用の番号とを「別々」にして、番号の使い分けをお勧めします。
別々の電話番号には、下記の様に光回線なので、NTT東・西の「追加番号サービス、マイナンバー」をお勧めします。
工事料(工事者が行かない場合)2.000円と、毎月の使用料(番号ひとつ100円)

NTT東日本エリア「追加番号サービス、マイナンバー」
https://flets.com/hikaridenwa/service/option.html
NTT西日本エリア「追加番号サービス」
https://flets.com/hikaridenwa/service/option.html




> ドコモフレッツ回線です。

契約の回線名が変ですね。
もしかしたら、以前は、光回線契約が、NTT東・西のフレッツ光回線契約と、プロバイダ契約(質問からでは、旧のプロバイダ名が不明)の、2社契約だったのですか?。

そして、NTT東・西のフレッツ光回線契約から、「転用」の契約で、ドコモに変更して光回線契約とプロバイダ契約とが、1社の契約にして「ドコモ光」になったのですか?
または、新規の光契約で、光回線契約とプロバイダ契約とが1社の契約にして「ドコモ光」にしたのですか?。これを「光コラホ(光コラボレーション)」契約といいます。

「ドコモ光」の契約の場合は、「転用」の契約でも、「光コラホ」の契約でも、NTT東・西の光回線設備を利用していて、工事・メンテナンス・アフター等は、NTT東・西がしますが、申込先は契約のドコモです。(NTT東・西では直接の申込受付をしません)

関連するQ&A