利用者同士で解決するサポートコミュニティOKBIZ. for Community Support

ブラザーサポート広場 へようこそ

締切り済みの質問

このQ&Aは役に立ちましたか?

印刷されません!教えてください。

DCP-J552Nを使用しています。
新しいパソコンを購入し、2年ぶりに印刷したところ、印刷できるけど、白紙になってしまいます。新しいインクは黒のみあったので入れてみましたが、それでも白紙のままです。
変更しても目詰まりが起こっていたら印刷できないでしょうか。
10回くらいクリーニングをひたすらと続けています。
わからないので、教えていただきたいです。

※OKWAVEより補足:「ブラザー製品」についての質問です。

投稿日時 - 2021-04-16 20:06:04

QNo.9876857


すぐに教えてください!

回答 (3件中 1~3件目)

こんにちは。

参考FAQ
インクが出ない/白紙になる/色合いがおかしい
https://faq.brother.co.jp/app/answers/detail/a_id/10644

ヘッドクリーニングに関してですが、
間隔をあけずに連続で行うにしても3回が限度となります。
それでも改善されない場合、本来は修理を依頼すべきところですが、
既に修理対応を終了(2019年9月末終了)していますので、
修理依頼が不可となり、新しいプリンターへ買い替えとなります。
https://support.brother.co.jp/j/b/producttop.aspx?c=jp&lang=ja&prod=dcpj552n

なお、ブラザーの現行機種にはADF(自動原稿送り装置)が付いていないエントリーモデルの設定が無い為、他のメーカーへ乗り換えとなります。

エプソン EW-452A
https://www.epson.jp/products/colorio/ew452a/
*高さが少し高くなりますが、横幅・奥行が小さくなり、
 ボディサイズが小さくなりました
 (DCP-J552N比、設置面積約27%削減・体積約23%削減)
 EW-452A:横幅375mm×奥行300mm×高さ170mm
 DCP-J552N:横幅410mm×奥行374mm×高さ161mm
*ディスプレイは1.44型に小型化され、タッチパネルが非搭載と
 なりました
*無線LANにはパソコンやスマートフォンにWi-Fi機能(無線LAN)が
 備わっている場合、ルーターなしでも直接ワイヤレスプリントが
 可能な「Wi-Fi Direct」に対応しました
*クリーニングなどで消費されたインクを吸収する構造をタンク式に
 した「交換式メンテナンスボックス」を採用し、廃インク処理を
 ユーザー自身で交換可能なため、修理交換を依頼することも、
 修理交換に伴って使えなくなる期間(ダウンタイム)も
 無くなります
*給紙方法は背面のみとなりました

プリンターは定期的に電源を入れて印刷を行わないとどうしても目づまりが起きやすくなりますので、必要な印刷を行わない場合でも、定期的に電源を入れ、Webページなどの少量印刷を行ってください。

投稿日時 - 2021-04-17 06:45:00

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

>2年ぶりに印刷した
長期にわたり未使用でしたので、カートリッジから噴射孔までのインクが固まってしまっていることが想像されます。

この場合、
>10回くらいクリーニングをひたすらと続けて
これはすぐに止めましょう。

廃インク吸収パッド(クリーニングで使用したインクを吸収して溶剤を揮発させる部品)の空き容量を著しく消費してしまいます。
揮発を上回るペースでクリーニングを連続実施すると、
あふれ出すのを防ぐため、廃インク吸収パッドが満タンとされ、
部品交換修理が必要になりますが、
DCP-J552Nはすでに2019年9月末でメーカー修理が終わっているため、
空き容量が無くなる=プリンターとして動作しなくなることを意味します。

これを防ぐため、必ず、プリンターのカレンダーを合わせて、
数日間に分けて、印刷品質チェックシートとクリーニングを少しずつ行い、徐々に塊をふやかしながら除去するようにしてください。

マニュアル一覧
https://support.brother.co.jp/j/b/manualtop.aspx?c=jp&lang=ja&prod=dcpj552n

ユーザーズガイド ~基本編~
https://download.brother.com/welcome/doc012415/cv_dcp552n_jpn_busr_lel857047_c.pdf
100ページ「印刷品質をチェックする」に沿って操作し、
印刷品質チェックシートの印刷→結果を目視確認→クリーニング
を1セットに、1日3セットくらいを上限に、
3セットやってもまだチェックパターンのブロックに抜けがみられるようなら、一度電源ボタンで電源を切ってから、
一晩放置して、翌日に改めて、印刷品質チェックシートから再開させてください。

その際、インクは
https://www.brother.co.jp/product/printer/inkjet/supply/index.aspx#ink10
の111番brother純正品を使うことを強く推奨します。

2年未使用だと、どうしてもカートリッジ内のインク自体も
溶剤が飛んで粘度が上がっていて、クリーニング効果が出にくいです。
印刷品質チェックシートと、クリーニングを
1日3セットくらいまでに制限し、複数日に分けて、
少しずつ、固まっているインクをふやかす必要があります。

それ以上連続でクリーニングをしても、
頑固に固まっている状態からインクがふやけるのに時間がかかります。
また、絶対に洗浄液の類は使ってはいけません。色味が戻せなくなります。
これにより、徐々に回復を目指してください。

それまでの急ぎの印刷物は、
コンビニのマルチコピー機で代用することをお勧めします。
セブンイレブン 「ネットプリント」
https://www.printing.ne.jp/index_p.html
ファミリーマート、ローソン、ポプラ「ネットワークプリント」
https://networkprint.ne.jp/sharp_netprint/ja/top.aspx

投稿日時 - 2021-04-16 23:36:20

ANo.2

長期間、未使用で放置された場合、プリントヘッドの内部のインクの粘度が高くなり、インクが飛び出せなくなる(ノズルつまり)状況が発生します。
インクカートリッジから、インクの供給経路を通ってプリントヘッドまで行く間のインクもサラサラではなく、人間でいえば「動脈硬化」あるいは「血栓」みたいな状態になっていると考えて下さい。

連続してヘッドクリーニングをやるのは無駄ですので、時間をおき、テストプリントを印刷してみながら、やるのがいいでしょう。(インクの浸透を待つ感じで)

翌日まで電源を入れたまま放置してみるなどもあります。 以下は一般的な対応方法です。

https://support.brother.co.jp/j/b/faqend.aspx?c=jp&lang=ja&prod=dcpj540n&faqid=faq00010612_014&pfs=1

※内部のインクのドロドロ状態によっては修復できない場合もあります。 その際は修理よりも、買い替えをお奨めします。
(コストがあまり変わらない場合がある。あるいは修理をしていないなど)

投稿日時 - 2021-04-16 21:11:55

ANo.1

関連するQ&A