サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus
ベストアンサー
困ってます

コロナ禍における災害対策

2021/04/23 11:44

震災や豪雨・豪雪など自然災害はいつ起こるかわかりませんが、さらに現在コロナ禍という難しい状況でもあります。
コロナ禍であるということを念頭に、いま個人で対策や用意できる災害対策はなにかありますでしょうか。

※OKWAVEより補足:「新型コロナウイルス」についての質問です。

質問者が選んだベストアンサー

ベストアンサー
2021/04/23 19:29
回答No.2

手洗いとうがい、外食を控える、可能であればワクチン接種、都市部に行かない。
厄災だからしかた無いと遊びに行くのを諦める(コロナ禍(禍=厄災))
体に負担がかからない生活をする(体力が落ちると感染しやすい、同じくウイルスのインフルエンザなどと同じ対策をするしか無い)
変異ウイルスにしても、イギリス、中国、ブラジルその他は別だし、科学的には月に2回変異しているので、変異はおそらく数千種有ると言われているので、その数千種類が対応が少しずつ違う可能性があり(ワクチンも同様、(例えばインフルエンザも変異種にはワクチンが効かない場合もある))。
という事は何が正解であるかは、新型コロナの変異の分類が出来ていない状況で、最適なものを判断するのは無理があるとの事です。
ですから、どんなウイルスにも効果的な、うがい、手洗い、近づかないという事になります。
マスクに関してはウイルスの最大なものの大きさが0.1ミクロンで、通常のマスク(対ウイルス用のN95やDS2規格のマスク以外)は最小で2ミクロンです、例えればサーッカーのゴールに、ゴルフボールを投げて通過するかどうかと言うことになります。感染している人から外に出る、飛沫は唾液が混ざっているので10ミクロン以上なので通りません、ではマスクをしていない感染者が咳をしてもマスクで防げるかといえば、目に飛沫が付けば感染します、顔についたものを手で触れば手から感染する可能性もあります、つまるところ感染者がマスクをしないとあまり効果的ではないと言われています。
そう考えるとマスクをしていない人に近づかないと言うのも対策かもしれません。

お礼

ありがとうございます。
避難所生活をおもうと、対策をしても共用スペースを使う機会がどうしても増えたりして心配になりますね…。
使い捨てのビニール手袋なんかも多くあるといいかもしれませんね。

2021/04/26 17:43

このQ&Aは役に立ちましたか?

その他の回答 (2件中 1~2件目)

2021/04/23 12:59
回答No.1

新型コロナウイルスがあろうがなかろうが、対策に変わりはないと思いますよ。地震対策なら持ち出し袋の用意とか、水や食料の備蓄とか。

コロナで何かが変わるとしたら、マスクや消毒液などを備蓄品の中に加えることくらいじゃないかしら。

豪雨や豪雪対策には、抜本的には「そういうところには住まない」くらいしか有効な対策法はないと思います。
近年台風や集中豪雨による洪水災害が増えていますが、どの洪水でも、ハザードマップは正確でした。そりゃそうだ、地形を調べればどこがどのくらい水没するかは予測できます。
そのハザードマップで水没すると指定された地域には、住まない。それしかないと思います。そこに住んでいなければ、被災することはないですから。
ただ水没する地域というのは大抵は場所が平らで住みやすい場所です。

そして地震対策でも、元の地盤が緩い場所には住まないということも重要です。地名に「谷」とか「窪」なんてついていると危険なんていいますよね。また住宅密集地なども危険です。

結局のところ、災害対策というのは住んでる場所で8割方決まるんじゃないかなと思いますね。

お礼

確かに、抜本的な部分でライフスタイルを見直す必要がありそうです。
しかし現実的にはなかなか…といっていると、災害時に立ちいかなくなってしまいますよね。
悩ましいところです。
ありがとうございます!

2021/04/26 17:44

質問する24時間以内の回答率95.6%

株式会社オウケイウェイヴは、「新型コロナウイルス」について、Q&Aを通して課題解決ができると信じています。「新型コロナウイルス」について悩んでいる方、それを助けたい方がQ&で課題解決ができる「テーマ:みんなで解決!新型コロナ」を開設しました。「新型コロナウイルス」について悩んでいる方はこの「テーマ:みんなで解決!新型コロナ」を解決の場としてご利用ください。

質問する24時間以内の回答率95.6%