サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus
ベストアンサー
暇なときにでも

海外、再拡大の理由

2021/11/15 17:01

日本は今は沈静化していますが、ヨーロッパは再拡大が起こり、再びロックダウンしている国が増えてきています。原因は何なのでしょうか?

※OKWAVEより補足:「新型コロナウイルス」についての質問です。

質問者が選んだベストアンサー

ベストアンサー
2021/11/16 20:29
回答No.4

第四波が来ると学者に予告されていたとおりで、たとえばドイツでは感染者・重症化がもっとも多い地域=ワクチン接種率がもっとも低い地域(ワクチン拒否)になっています。感染率が過去最多となってようやく、医療従事者などには義務化するかどうか検討している段階です。少し前に老人ホームで二度接種済みの高齢者多数が感染後亡くなったのも、スタッフが未接種だったことが原因と判明しています。

また、政治家が「ワクチン接種さえすれば他者へのリスクはゼロであるから制限はいっさい必要ない」云々公言して憚らなかったこともあって早々にマスク着用義務がなくされて、気が緩んだ国民は公共交通機関でもマスクなし、内外で対人距離を守らない人が多数になったことも関係していると思います。
もともとマスクが嫌でしかたなくて、ガソリンスタンドのレジ係に指摘されて撃ち殺したり、電車内で注意した高齢の女性に瓶で殴りかかってあごの骨を砕いたのもドイツです。
子供がトラウマになるだの酸素不足で脳の発育に支障がでるだのと親の団体が学校に抗議してボイコット、マスク免除の証明書はワクチンパスとおなじくらい偽造が流行りましたが、現在の感染者は未接種で未成年の割合が多いようです。

さらには遅れた医学技術・衛生観念。日本はあいかわらずなにかと師匠と仰ぎたがる傾向がありますが、【手洗い】というものの重要・必要性が政府のキャンペーンや学者によってはじめて国民の意識に広められた昨年は大真面目で「固形でなくて液体石鹸でもいいか」「一日に一回手を洗っておけばそれで十分か」などの質問・疑問が国民から殺到したのが実状です。
咳もくしゃみも昨年までは「口を抑える」という概念がまったく存在しなかったため、規制が緩和されてからはマスク着用前の思いきり勢いよく周囲へ撒き散らす日常に戻りました。
栄養面の極端な偏りも加えて、このような社会は毎年のインフルエンザの感染率も(マスク効果のあった昨年をのぞいて)当然ながら高く、コロナウィルスにとっても好都合な下地満載であることはたしかと思います。

お礼

ありがとうございます。ドイツは医療制度や健康管理などは進んでいる国だと思っていたのですが、できていない部分があったのですね。宗教上あるいは主義など、いろいろな事情もあるのでしょうが・・・。

2021/12/03 15:40

このQ&Aは役に立ちましたか?

その他の回答 (4件中 1~4件目)

2021/11/16 17:31
回答No.3

行動制限がかつてより緩和されてきたので、それで感染者がまた増えてきています。

「え?それをいうなら日本もそうだろうがよ」とおっしゃられるでしょうが、世界でほぼ日本だけが行動制限を緩和しているのに感染者数が減っているのです。
なぜ日本だけそうなっているのか、諸説ありますがはっきりいって分かっていません。

お礼

ありがとうございます。日本人は生真面目で神経質なところがあるので、波が収まってきても手洗いや除菌をし、マスクをしている人が多いですね。基本的に街が清潔なこと、島国であることなど、要因はいろいろあるのでしょうね。

2021/12/03 15:43

2021/11/15 19:51
回答No.2

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に限らず、コロナウイルスはよく分からないことが多くあります。

悪質な感染症をひきおこすコロナウイルスとしては、SARS-CoVが最初で、次がMERS-CoV、そして現在のSARS-CoV-2ですが、最初のSARS-CoVは、人類が特別な対策ができるようになる前に、勝手に収束していたりします。いまだに詳細は不明です。

研究者や医療関係者も、SARS-CoVが勝手に収束した理由や、日本での感染拡大と沈静化の理由や、ヨーロッパでの再拡大の理由は知りたいはずですが、実社会を実験場にすることはほぼ不可能なため、仕組みの追求ができる見込みは低いようです。

考えられることとしては、
・日本でのオリンピックパラリンピック開催に似た、欧米地域特有のお祭り騒ぎがあったのかも。
・予防策は「基本は人と会わない」「どうしても会うなら不織布マスクして距離をとり手指の頻繁な消毒と換気などする」ですが、気が緩んでしなくなっているのかも。(イギリスなどは政府主導で緩めています)
・mRNAワクチンは温度管理がとてもシビアで、日本では専用保存庫を用意するくらいですが、もしかしたら欧米では温度管理できてないワクチンが接種されることがあったのかも。

とはいえ希望はあります。ノババックスの新しく開発されたワクチンは、温度管理しやすく、将来のコロナウイルスにも有効な免疫がつくと期待されているため、このワクチンが広まれば収束しやすくなるかもしれません。

以上、参考にならなかったらごめんなさい。

お礼

ありがとうございます。海外は閉じる時はロックダウンなど厳しい措置をとりますが、その反動なのか解除すると元の生活に戻ってしまう人が多いような気がします。軍隊や警察が街を見張り、外出も許可がいるようなロックダウンは正直、したくないです・・・。常にある程度気を付けながら終息を待ちたいですね。新しいワクチンや治療薬なども出てきているのはありがたいですね。

2021/12/03 15:48

2021/11/15 19:43
回答No.1

日本が感染を抑えられているのは、マスクの着用と手洗い等の感染防止対策が徹底されているからだと言われています。感染者数が減っても、宣言が解除され規制が緩和されても続けています。海外ではマスクを外したり、お店が混雑したりしていますから。ワクチン打ったから大丈夫じゃね…っていうノリかも。

ただ日本も油断は禁物です。報道される感染者数は減少していますが、これは感染者が減っているわけではありません。検査で陽性者が減っているだけです。「感染者が減っている」と「陽性者が減っている」はイコールではありません。陽性者数ですから、感染していても検査を受けていなければカウントされません。症状が出ていないので検査を受けていない隠れ感染者や、症状があっても検査を受けていない人の数字は入っていません。

ワクチン接種で、感染しても症状が抑えられた人が病院へ行かなければ、検査を受けなければ、カウントはされません。これが報道されている感染者数のカラクリです。あと、PCR法発明者は、これを検査に使ってはいけないと断言しているようなのですが…。

お礼

ありがとうございます。やはり基本のマスク、手洗いが大きいのかもしれませんね。ある国ではロックダウンが終わったら酒場で集まってマスク無しでパーティーなどをしていて驚きました。たしかに潜在的な感染者もいるのかもしれませんね。オミクロンなども出てきたので、残念ながら、まだまだ気は抜けませんね。

2021/12/03 15:51

質問する24時間以内の回答率95.6%

株式会社オウケイウェイヴは、「新型コロナウイルス」について、Q&Aを通して課題解決ができると信じています。「新型コロナウイルス」について悩んでいる方、それを助けたい方がQ&で課題解決ができる「テーマ:みんなで解決!新型コロナ」を開設しました。「新型コロナウイルス」について悩んでいる方はこの「テーマ:みんなで解決!新型コロナ」を解決の場としてご利用ください。

質問する24時間以内の回答率95.6%