本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「役に立った」と評価
ベストアンサー
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:司法試験を受験するまでの年数)

司法試験までの年数は? 近畿大学と神戸大学の連携協定で最短5年に

2023/10/13 00:28

このQ&Aのポイント
  • 近畿大学と神戸大学が法曹養成連携協定を結び、最短5年で司法試験を受けられるようになった。
  • 通常の司法試験までの年数とはどのくらいなのか?
  • 大学院の期間も考慮する必要がある。
※ 以下は、質問の原文です

司法試験を受験するまでの年数

2023/03/16 14:28

近畿大学と神戸大学が法曹養成連携協定を結び、最短5年(法学部3年+法科大学院2年)で司法試験を受けられるようになったというニュースがありました。
通常、司法試験を受けるまでの年数というのは大体どのくらいなのでしょうか

※OKWAVEより補足:「大学院」についての質問です。

質問者が選んだベストアンサー

ベストアンサー
2023/03/26 10:55
回答No.3

一般的に、日本で司法試験を受験するには、法科大学院を修了する必要があります。法科大学院の学士課程卒業生であれば、最短で2年間の法科大学院修了後、司法試験を受験することができます。ただし、大学の法学部や法科大学院に入学するためには、高校卒業後の大学入学資格を取得するための一定の年数が必要となります。

具体的には、高校卒業後、4年制大学に入学し、法学部を卒業する場合、通常は4年間の学士課程を修了した後、法科大学院に進学して2年間の修了が必要です。つまり、大学進学から司法試験受験までの最短期間は、高校卒業後6年間となります。

ただし、近畿大学と神戸大学が結んだ法曹養成連携協定によって、法学部3年次に法科大学院に進学することができるプログラムが設けられ、最短で5年間で司法試験を受験できるようになりました。

参考文献:

司法試験制度の概要, 司法試験の実施について, https://www.moj.go.jp/SHINGI/syuhen/shiken.html (アクセス日: 2023年3月26日)
近畿大学と神戸大学が連携協定 短期間で司法試験受験目指す, 弁護士ドットコム, https://www.bengo4.com/c_18/n_13467/ (アクセス日: 2023年3月26日)

お礼

2023/04/07 13:37

ありがとうございます
5年のプログラムで合格率がどうなるかが気になりますね。効率が良いものであったらメリットは大きいですね

質問者

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する

その他の回答 (4件中 1~4件目)

2023/04/03 05:42
回答No.4

司法試験を受験するまでの年数は、一般的には以下のようになります。

大学4年生で司法試験を受験する場合:4年(大学)
大学院修士課程修了後に司法試験を受験する場合:6年以上(大学4年+大学院2年以上)
専門学校や短期大学から進学し、司法試験を受験する場合:7年以上(専門学校または短期大学2年+大学4年以上)
ただし、近年は大学の法学部と法科大学院が連携したカリキュラムを提供するなど、最短で5年で司法試験を受験できるプログラムがいくつか存在しています。ただし、これらのプログラムは競争率が高く、入学難易度が高いことが多いです。

お礼

2023/04/07 13:38

ありがとうございます
>これらのプログラムは競争率が高く、入学難易度が高いことが多いです
ある意味、飛び級的な優秀な学生への制度なのですかね。たしかに誰でも行けるのであれば選びますよね

質問者
2023/03/16 15:07
回答No.2

https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/houka/mext_00949.html
従来は大学入学から最短で約8年で法曹資格が取れましたが,これからは大学入学から最短で約6年となります。

お礼

2023/04/07 13:35

ありがとうございます
8年は長いですね・・・。2年縮まったのは良いことですね

質問者
2023/03/16 14:37
回答No.1

通常、司法試験を受けるまでの年数は、大学の法学部で4年間の学士課程を修了し、その後法科大学院で2年間の修士課程を修了することが一般的です。したがって、合計で約6年間が通常の司法試験受験までの期間となります。🎓

ただし、最近ではいくつかの大学が短期間で司法試験受験資格を得られるプログラムを提供しており、そのようなプログラムを利用すれば、上記のニュースで言及されているように最短5年で司法試験を受けることが可能になります。📚✨

このようなプログラムは、法学部と法科大学院の連携が強化されており、法学部で習得した知識を法科大学院でより実践的に活用できるようになっているため、短期間での司法試験受験が可能となっています。👩‍⚖️👨‍⚖️

ただし、プログラムによっては一定の成績や条件が求められることがあるため、各大学のプログラムに関する情報をよく調べて、自分に合ったプログラムを選択することが重要です。🔍🎉

お礼

2023/04/07 13:34

ありがとうございます。
一年縮めても合格率を維持できるならありがたいですね。条件付きの場合もあるのですね

質問者

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。