サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus
「OKWAVE Plus の利用」に関するアンケートご協力のお願い
アンケートに答えると抽選で500名様にAmazonギフト券100円分をプレゼント!
回答締切:2022年12月7日(水)18:00まで
アンケートはこちら

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「役に立った」と評価
締切済み
すぐに回答を!

更新プログラムが72%から進みません。

2017/09/21 09:46

更新プログラムが72%から丸1日以上進みません。
やむを得ず電源を消し、起動するとまた自然に0から始まり進むのですが、72%から進みません。
一応72%のときも更新をしているような円?は回転しています。

※OKWAVEより補足:「富士通FMV」についての質問です。

回答 (11件中 1~5件目)

2017/09/23 16:29
回答No.11

先に回答されている通りで空き容量が少ない為に起こる現象で
Windows 10 の場合は、足らない分を HDD 内に確実に存在する
ゴミ・ファイルを見つけ出して、それを少しづつ削除して空きを
作りながらインストールしている為です。

なを Windows 10 には、元々削除用のソフトは存在しないので?
以前の Windows 7/8 の削除用ソフトと一部システムを Windows 10
上で起動して?ファイル削除を行うので通常の倍以上の時間を有し
ます。
多分、そのまま放置で20時間は?有に掛かるものと判断出来ます。

なを Windows 10 の日本公式バージョンアップ時の最長時間は、3日間
述べ72時間と言う報告事例が有り、それよりも短いと思います。

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する
2017/09/21 17:29
回答No.10

この現象の最大の原因は、内部システムディスクに空き容量が不足していることで、Windows Updateの為のシステム編集エリアとしての領域と実際にディスクの中にある更新対象部の間でスワップが小さい容量で行われるので、ギガ単位の編集に膨大な時間が掛かる為です。

よって、対策はインターネット接続を停止(Wi-Fi、有線)のアダプタを一時的に無効に設定します。
その後、システムディスク(C:)のディスククリーンアップで表示される一覧で容量の大きい昔のWindows Updateデータや古いWindows.OLDデータ領域の削除を実施し、システムディスク(C:)の空き容量の確保を行います。

これだけでもギガバイト単位のディスク空きが増えたはずです。
 この後、システムディスク(C:)のディスクチェックを行ってから、ディスクの最適化を行いましょう。
 なお、ディスクの最適化を一度も実施したことが無ければ、24時間以上の時間がかかることを承知しておいてください。特に内部ディスクがHDDの場合はディスク最適化が完了するまで何もしないで放置してください。
 途中で停止させる場合は、「Ctrl」「Alt」「Delete」の3つのキーを同時に押し、表示されるサブメニューからサインアウトを選択して、電源マークをタップし、シャットダウンを選択してください。
 ただし、これではディスクの最適化は終えていませんので、再び完了するまで再度行うことをお勧めします。

一通り最適化が終えたのなら、インターネット接続を停止(Wi-Fi、有線)のアダプタを一時的に無効したのを有効に変えてください。

そして、Windows Uodateを行えば、更新は成功すると思われます。

もし、システムディスク(C:)の空き容量が30GB以下である場合は、システム環境設定にて、外付け高速大容量のディスクに「ダウンロート」「ドキュメント」「ピクチャ」「ビデオ」「ミュージック」のフォルダの内容をフォルダごと一時的に移動させる。

これでけでもかなりの空きがシステムディスク(C:)に出来ると考えますので、この後、Windows Updateを行えば、更新プログラムのインストールは比較的早く終えると思います。

この方法はパソコンのOSバージョンに関係なく色々のパソコンでの一時的対策となると考えます。
 基本は、個別データを何でもかんでもシステムディスク(C:)に入れない事です。
個別データ(個人データ)は、パソコンのクラッシュ時も考え、外付け記憶媒体に保存しておくのが、いいと思います。・・・パソコンを新しくしてもこの外付け記憶媒体を接続すれば、今まで作成したデータがすぐに使える環境になるからです。

2017/09/21 14:30
回答No.9

出来ればお使いのPCの正確な型番を書きましょう。

言われているのは
http://ascii.jp/elem/000/001/254/1254872/
にある
http://ascii.jp/elem/000/001/254/1254866/177-01_588x.jpg

https://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/relatedqa?QID=018924
にあるような画像の物でしょうか?
そうであるなら既にWindowsUpdateから更新プログラムを自動更新でインストールが済み再起動中か?もしくは再起動が終了してWindowsが起動し更新プログラムの最終的な処理の最中って気がします。

「Windows 回復環境」を実行する方法を教えてください。
https://www.fmworld.net/cs/azbyclub/qanavi/jsp/qacontents.jsp?rid=3&PID=1211-0806
を参考に「オプションの選択」→「トラブルシューティング」を選びます。次に

[Windows 10] 「自動修復」と表示されてパソコンが起動しません。
https://www.fmworld.net/cs/azbyclub/qanavi/jsp/qacontents.jsp?PID=4110-9155
を参考に「トラブルシューティング」の画面にある「詳細オプション」を選びます。その中にある「システムの復元」を選択してその更新プログラムをイントールする前まで復元を試みるって方法もあります。

2017/09/21 12:04
回答No.8

詳細の状況がないのでよく分かりませんが、経験上、容量の多いものをアップデートする場合は、無線LAN接続は向きません。有線にして下さい。
理由:無線LANでよく使われている規格の最大速度は、54Mbps。一方、有線LANの規格はこれの倍に近い100Mbps。さらには数十倍の1Gbpsもあります。
無線LANにも、数百Mbpsの速度を実現できる新しい規格が登場しはじめています(IEEE802.11n)が、以下の確認が必要です。
ネットの契約(光など)、ルーターの仕様(無線)、端末の仕様(PC)
その他、各プログラムのアップデーターも不具合を起こすときがありますので、
メーカーへの問い合わせもした方が良いと思います。

2017/09/21 11:43
回答No.7

「更新とセキュリティ」の下の「トラブルシューティング」→
「WindowsUpdate」→「トラブルシューティングツールの実行」→
「問題を検出しています」→
問題が検出されたら修正を実行とか指示に従って下さい。
問題が検出されなかった場合は、管理者で問題を検出して
それでも、問題が検出されなかった場合は、PCを再起動後に
再度、WindowsUpdateを実行
更新プログラムの番号が分かれば
Webから更新が可能な場合も有ります。

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。