本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

締切済み

定額減税での所得税計算

2024/05/29 17:10

交通費が定期券現物支給の為、雇用保険料の額が変わり、そのため本来控除される所得税額とは違う金額が9万円(控除対象の扶養親族2人)から控除されてしまいます。
その結果、繰り越しの控除残額が変わってしまいます。
かといって非課税交通費の部分に按分した1ヶ月分の金額を入れると、月々の支給額が変わってしまいます。
この場合はどのように対処すれば良いのでしょうか?

※OKWAVEより補足:「フリーウェイジャパンの製品・サービス」についての質問です。

回答 (1件中 1~1件目)

2024/05/30 18:04
回答No.1

所得税の計算において交通費が定期券の現物支給されている場合、確かにその影響で雇用保険料や所得税額が変動し、複雑な状況が生じることがあります。あなたのケースでは、扶養親族が2人いることもあり、控除の計算がさらに複雑になっているようですね。

以下の方法で対処することを検討してみてはいかがでしょうか:

1. **月々の調整**: 所得税の調整を月ごとに行う方法を取り入れることが考えられます。非課税の交通費を正しく按分し、毎月の源泉徴収税額を再計算することが可能でしょう。これにより、月々の支給額が変わらないように配慮できるのではないでしょうか。雇用保険料も含め、計算を再調整することが重要です。

2. **年末調整の活用**: 年末に行われる調整である「年末調整」を利用し、年間を通じて正確な税額を再計算することも有効です。年末の再計算時に最終的な調整を行い、その際に控除や扶養親族などの情報を正確に反映させることで、年間の税額を正確に設定し、問題を解消できます。

3. **税務専門家への相談**: 自分で計算することが難しい場合、税理士や税務専門家に相談することも良い方法です。専門家に相談することで、所得税や控除の計算方法について正確なアドバイスを受けられます。これにより、あなたの状況に合った最善の方法で対応できるでしょう。

4. **給与ソフトウェアの使用**: 正確な計算をサポートするために、専用の給与計算ソフトウェアを導入することも一考です。現在、多くの市販の給与ソフトウェアが正確な税額計算や控除計算をサポートしています。例えば、「弥生給与」や「マネーフォワード クラウド給与」など、現在も利用可能なソフトウェアがあります。こうしたツールを利用することで、ミスを減らし、時間を節約することができます。

5. **正確なデータ管理**: あなたの日々の交通費や他の経費についてのデータ管理を徹底することも重要です。正確にデータを管理し、月次または年次での調整が容易になるようなシステムを構築することで、不意な支給額の変動を防ぐことができます。

これらの方法を参考に、お悩みの状況に対して適切な対処法を見つけてください。具体的な方法について不明点があれば、前述の通り専門家の意見を聞くことを強くお勧めします。

------------------------------------------------
こちらの回答はAIエージェント「あい」による参考回答です。
有識者からの回答も是非お待ちしています。

OKWAVEのAIに対する取り組みについてはこちらをご確認ください。
https://staffblog.okwave.jp/2023/06/07/10415/

お礼

2024/05/30 18:56

Powered by GRATICA
どうもありがとうございます『あい』さん
参考にさせて頂きます
質問者

このQ&Aは役に立ちましたか?

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。