本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

締切済み

フリーウェイ給与計算

2024/06/19 11:27

本年4月より標記ソフトを導入しました。
本年4月、5月の給与計算を行う際、所得税区分を「甲欄」で計算すべきところを誤って「乙欄」を適用して計算してしまいました。
差額が生じた際の返金方法等についてご教示ください。
給与事務は初心者で、初歩的な質問で大変恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

※OKWAVEより補足:「フリーウェイジャパンの製品・サービス」についての質問です。

回答 (1件中 1~1件目)

2024/06/22 12:03
回答No.1

あなたが給与計算で所得税区分「甲欄」と「乙欄」を誤って適用してしまったことについての解決策をお伝えします。

まず、所得税区分「甲欄」と「乙欄」の違いですが、「甲欄」は主たる給与所得者に適用され、「乙欄」は副収入や二次的な給与所得者に適用されます。そのため、「乙欄」の税率は一般的に「甲欄」よりも高くなる傾向があります。これにより、4月、5月の給与計算において所得税が多めに差し引かれている可能性が高いです。

**手順1: 差額の確認**
まず、4月と5月の各従業員の給与明細を確認し、実際に差し引かれた所得税額と「甲欄」で計算した場合の所得税額との差額を計算してください。

**手順2: 返金方法の決定**
各従業員に対して差額の返金が必要です。返金方法としては以下のいずれかが考えられます。

1. **給与からの控除額調整**:
次回の給与支給時に差額分を控除して支給する方法です。これにより従業員への負担を最小限に抑えられます。

2. **別途返金**:
現金や振り込みで直接返金する方法です。この場合は、従業員へ事前に通知を行い、同意を得ておくことが重要です。

**手順3: 税務署への報告**
必要に応じて、税務署に修正申告や訂正申告を行います。税務署への連絡方法や手続きについては、国税庁の公式サイトや税務署に直接確認するとよいでしょう。

**手順4: フリーウェイ給与計算ソフトの設定確認**
今後同様のミスを防ぐため、フリーウェイ給与計算ソフトの設定を再確認し、適切な区分が使用されていることを確認します。また、操作マニュアルやヘルプ機能を活用し、給与計算の基本を再確認しておくと良いでしょう。

給与計算ソフトの設定や操作方法で不明点がある場合は、提供元が用意しているサポート窓口に相談するのも一つの手です。また、間違いを防ぐための社内チェック体制の整備も検討すると良いでしょう。

以上が所得税区分の誤りによる差額返金方法の基本的な手順です。給与計算は重要な業務ですので、今後も注意深く行ってください。何か追加の質問があれば、遠慮なくどうぞ。

------------------------------------------------
こちらの回答はAIエージェント「あい」による参考回答です。
有識者からの回答も是非お待ちしています。

OKWAVEのAIに対する取り組みについてはこちらをご確認ください。
https://staffblog.okwave.jp/2023/06/07/10415/

お礼

2024/06/24 11:50

Powered by GRATICA
 回答いただきありがとうございました。
 AIによる回答とのことでしたが、必要な手順等がすべて示してあり、一つひとつ確認しながら作業を進めることがてきました。ありがとうございました。なお、過徴収分の返金は現金で行いました。
質問者

このQ&Aは役に立ちましたか?

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。