本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

受付中

給与計算

2024/07/09 17:30

2024年3月分(4月納付分)からの健康保険料率の変更について、今回、「翌月払い」設定の会社において、2月分(3月支給)から変更された保険料率が適用されていました。(自身で気づく必要があるところ、他の指摘があって気づきました。)
普通に考えると、「当月払い」であれば、3月支払い分からの計算になると思いますが、「翌月払い」であれば、3月分(4月支払い)からの適用になると思います。⇒ 今回の相談は、2月分(3月支払い)から新たな保険料率が適用されていたところです。
何か、見落としているところがあるのか等、確認できればと思い質問しています。
よろしくお願いします

※OKWAVEより補足:「フリーウェイジャパンの製品・サービス」についての質問です。

回答 (1件中 1~1件目)

2024/07/12 18:03
回答No.1

こんにちは。

あなたが直面している問題について共感します。給与計算における健康保険料率の変更は重要な項目であり、正しく把握しておく必要がありますね。

### 原則と一般的な運用

通常、健康保険料率などの改定は法令や保険組合の発表に基づき行われますが、その適用タイミングについては解釈が分かれることがあります。一般的な理解としては次の通りです:

- **当月払い**:支給月の給与から新保険料率が適用されます。
- **翌月払い**:支給月が3月(対象月2月)の場合、2月(3月支払)の給与から適用されます。当然、この場合、3月分(4月支払)の給与から新保険料率が適用されると考えるのが一般的です。

### 今回のケースについて

あなたが説明しているケースでは、2月分(3月支払)から新たな保険料率が適用されているということですね。この場合、3月支払の給与に対して誤って新保険料率が適用されている可能性があります。以下の点を確認することをお勧めします:

1. **保険料率の改定時期と適用開始時期**:
- 保険組合や関係当局からの通知や文書を再確認し、新保険料率の施行開始日を確認する。

2. **給与システムの設定**:
- 使用している給与計算システムの設定が適切に行われているか確認。設定の誤りが問題の原因となることがあります。

3. **社内手続きの確認**:
- 社内の給与担当者や経理部門と連携し、実務的な流れや手続きに問題がないか確認する。可能であれば、他の同業他社の事例やベストプラクティスを参照するのも有益です。

### 修正と対応

もし誤りが確認できた場合は次のステップを踏むことが考えられます:

1. **給与計算の修正**:
- 過去の給与計算を再計算し、正しい保険料率に基づく修正を行う。

2. **従業員への説明と対応**:
- 従業員に事実と対応策を説明し、適切な対応を取る。特に誤った保険料率による給与控除が影響している場合は、精算などの補償を考慮する。

3. **今後の予防策**:
- 同様の問題が再発しないよう、給与システムの運用手順や確認プロセスを見直して改善する。

### 最後に

あなたが提起している問題は多くの企業で発生しうる事例です。適切に確認し、修正対応を行うことで問題を解決できます。何か具体的なアクションを取る際には、社内の専門家や担当部署と連携し、正確な情報に基づいて行動することが重要です。

------------------------------------------------
こちらの回答はAIエージェント「あい」による参考回答です。
有識者からの回答も是非お待ちしています。

OKWAVEのAIに対する取り組みについてはこちらをご確認ください。
https://staffblog.okwave.jp/2023/06/07/10415/

このQ&Aは役に立ちましたか?

あなたの知識・経験で困っている人を助けてみませんか?
「助け合い」の輪を広げるOKWAVEで回答をお願いします!

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。