サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

ベストアンサー
困ってます

北海道道東の見所について

2017/06/12 23:45

7月初旬に北海道道東の旅行を検討しています。
「ミルクロード」「神の子池」「オンネトー」「十勝牧場近くの白樺並木」
「摩周湖」「阿寒湖」「釧路湿原」と、このあたりは行ってみようと
思っていますが、この他におすすめスポットはありますでしょうか?
屈斜路湖は上記二つの湖と比較してどうでしょうか?行ってみる価値はありますでしょうか?
ちなみに、網走監獄はあまり興味はありません。

趣味で風景写真を撮っていますので、北海道ならではの風光明媚な所が知りたいです。
滝も大好きなので、おすすめの滝などありましたら教えて頂けると嬉しいです。

質問者が選んだベストアンサー

ベストアンサー
2017/06/15 12:00
回答No.8

回答No.7です。
 前回の続きです。

 あとは体力と時間の確保ができれば同じ道ではつまらないので、帯広~新得~狩勝峠経由で富良野~美瑛~旭川~札幌~函館。 走行距離は約1,600kmで30時間。

 もう一つは、上士幌~糠平温泉~タウシュベツ橋~三国峠~層雲峡~旭川(道央道で)函館。という選択肢があります。この場合一番目の案に距離で140km2時間30分のプラスになりますが、これでは白樺並木を見られませんので、函館から釧路に行く途中で帯広・音更ICで一旦降りて、見学することになります(ICから遠くはありません)
 こうした道筋で宿泊地をどこに定めるか、前回紹介した観光スポットをどれだけプラスする加でおおよそのプランが立てられるかと思いますが。
 ほかの方からの回答も参考にして、楽しみながらプランを練り上げてみてください。
 それにしましても、函館起点ですと釧路や阿寒などまでの往復時間が14時間要するのが、なんとしてももったいない気がしますが仕方がありませんね。
 道の駅などを利用して車内宿泊ということでしたが、ご承知の通り、高速道のICやPAから一般道にある道の駅までは、結構は慣れており所がほとんどで、時間的なロスもあります。したがって時間節約はPAかSAで車中泊のほうがべターかなと思いますが、旅慣れておられる様子なので、そこは臨機応変といったところでしょうか。
 肝心なことにこたえきれないまま長くなってしまいました。
 道の駅周辺や各市町村にはほぼ温泉があって、500~700円で利用できます。
 終わりに、
 例えば、先のコースで私(ドライブ好きの後期高齢者)ならこう走る(走られる)という考えをあげますと、
 初日はもう遅い出発ですが、少し距離を稼ぐという意味では函館の少し先に進んでおきたい。ということで頑張って八雲町噴火湾パノラマパーク内にある道の駅まで。
 夜間ですが、翌朝は日の出と眼下に噴火湾が広がる風景を見ながら高速ICに向かいます。
9日 函館~八雲 約80km(1:30)
10日 八雲~釧路 約450km(7:30)
11日 釧路~開陽台~裏摩周~神の子池~(道道150から清里町緑と札弦間でR391に入り逆V字で川湯温泉~屈斜路湖~美幌峠~(同じ道を戻って)川湯温泉泊り(屈斜路湖畔に無料露天風呂あり)  約230Km(7:00)
12日 川湯温泉~硫黄山~摩周湖(第一展望台だけでOKでしょう)~弟子屈町900草原展望台~双湖台展望台~阿寒湖温泉(遊覧船で島にわたりまりもを見たり、アイヌ民踊などを見たら結構時間が必要)~オンネトー~上士幌まちナイタイ高原~音更町十勝牧場白樺並木~十勝川温泉か帯広市  約210km(6:00)
13日 帯広・音更IC(近くに道内でも結構人気の柳月という菓子店の大きな工場があって人気だが、まだ開店時間には早い)~函館  約450km(7:00)

下記の「北の道ナビ」も参考にしてみてください。私が実際に走っている時間などとは少しずれていますが、そんなに変わりがないかと思います。

   http://d-time.hdb.hkd.mlit.go.jp/

 道東方面の夕方の走行は、鹿の飛び出しによる衝突事故が多発していますので、十分気を付けてください。
 未知の道は少し不安がありますが、カーナビで誘導してくれますから安心ですが、少し不安や疑問があるコースの場合、googlのストリートビューという便利なものがありますから、事前に模擬走行をしてチェックしてみてはいかがでしょうか。(結構車酔い?画面酔い?しますが)
 先日の東北旅行の際も、ひまなものですから十和田周辺や松島・瑞巌寺方面、仙台や盛岡市内観光エリア、弘前から青森県立美術館などの道をチェックしていきましたので、なにか懐かしい街や建物の前を走っている気分でした。
 同党は皆さん紹介している見どころがたくさんあります。知床半島ももちろんですが。日程から言ってもあまり範囲を広げるとサファリ―ラリーのように走り回るだけで終わってしまいますのね。
全道見どころを回っての写真などを掲載した自分のブログを紹介したいのですが、我田引水はたとえ匿名のままでも、このサイトではルール違反になるようなので見てもらえないのが残念なのですが。 
 今回は、釧路湿原近辺の牧草畑などでもよく見かける、丹頂鶴の写真を添付しました。
 ではこの辺で。

お礼

引き続き、細かなプランニングありがとうございます!
先の方のお礼にも書いた通り、函館から道東までのドライブも
楽しみのひとつだったりします。

行きたいところを絞り込んで、丸3日間の道東旅行を満喫したいと思います。
どうもありがとうございました♪

2017/06/18 17:39

このQ&Aは役に立ちましたか?

その他の回答 (8件中 1~5件目)

2017/06/15 11:43
回答No.7

No.3です。
津軽海峡から東京まで約700km。津軽海峡から宗谷岬や知床半島まで約700km。今回は知床半島の根元までですか600km余りですが、東京まで車で走るよりははるかに走行はスムースです。
 2週間ほど前に、仙台からレンタカーで青森まで3泊4日で走行しましたが、十和田湖能面も回ったため全般的に幅員が細く走りづらい感じがしました。北海道の道では、弟子屈町からの阿寒横断道路と、摩周湖までの道が細いだけで後は走りやすいので、スムースに旅ができるでしょう。

 道の駅で車中泊といいますから、21時ころにはそのままスタートするのかと思います。
途中で睡眠をとってもし7時頃苫小牧市を通過するころでしたら、その後朝食をとるところが結構は慣れたところになるかと思います。下道に降りて少しは知りますが、苫小牧港の「海の駅ぷらっとみなと市場」で、朝7時から安くて新鮮な海鮮朝食が食べれます。
   http://uminoeki.info/

 あとは道東道でまっすぐ釧路方面に向かう事になりますが、日勝峠は災害復旧せず下道は不可。高速道もトンネル続きで大型トラックにあおられ気味になりますが慎重な運転を。
 帯広エリアから観光もありますが、ここは一気に釧路をめざし(浦幌ICから釧路までの高規格道路は無料区間です)釧路湿原観光になります。
 釧路湿原は空港のある西側よりも釧路川とJR湿原運行などもあり東側の細丘展望台からの眺望が人気ですが、実際には西側の北斗湿原側が湿原内を散策する木道などが整備され、写真で見るアフリカのサバンナ地帯?を彷彿とさせる風景が楽しめます。(北斗展望台からの写真を添付します)

 ここで満足の場合はそのまま鶴居の丹頂鶴サンクチュアリを経由して標茶町に出ます。
やはり東側から釧路湿原を見たいとなれば釧路市内に寄るか、市内に用事がなければ湿原内を横切る湿原道路を走って細丘展望台に向かいます。その後標茶町~多和平~虹別~ミルクロードを走って中標津町開陽台見学。
 少し引き返して養老牛温泉~裏摩周展望台~神の子池~さくらの滝~清里町緑と札弦の間からR391で弟子屈町川湯温泉に抜けます。
 そこから二通りの選択があります。一つはまっすぐ硫黄山(是非)~摩周湖第一展望台(硫黄山の駐車券と共通)~弟子屈市街
 もう一つは川湯温泉~屈斜路湖~美幌峠川湯まで引き返して先のコースに入る。といった選択です。
 弟子屈町からは阿寒横断道路の少々カーブのきつい峠(十和田湖十和田湖県道102・103号の一部よりは楽?)を上って阿寒湖温泉。
 ~オンネトー~上士幌ナイタイ高原。
 この後は音更町の十勝牧場白樺並木を見て、道東道で千歳経由で函館まで戻る、という感じになります。
 このコースの走行キロ数は、川湯温泉から美幌峠まで往復したとしても、大よそ1,450kmで、高速道路利用ですと約28時間と思います。これに当然休憩時間や観光時間がプラスされます。
 長くなりましたので、ここで一旦切ります。別に続きを送ります。

お礼

細かなプランニング感謝いたします!
ぜひ参考にさせて頂きます。
釧路湿原の眺めは旅雑誌などでも見ましたが、改めて写真を拝見すると、
やっぱり雄大で良さそうですね。
台風災害による道路状況についても参考になりました。

2017/06/18 17:33

2017/06/15 10:12
回答No.6

改めて書かれた行程を読ませて頂きました、結論から言うと「プランニングの変更」を推奨します。
往復のフェリーを青森~函館の「津軽海峡フェリー」でなく、八戸~苫小牧の「川崎近海汽船(シルバーフェリー)」夜行便(往復共に)の利用を提案します。青森から八戸までの無駄足よりも函館から苫小牧までの走りの方が無駄足だと考えます、八戸発の夜行便だと自宅を少しゆっくり出ても間に合うはずです。青森(あるいは八戸)~苫小牧まで津軽海峡フェリー+陸路と、八戸~苫小牧まで川崎近海汽船で行った時の移動距離はあまり変わりません、函館から苫小牧までは特急でも約3時間を要していてこれがクルマだとおよそ4時間はかかります。5m以内の航送料金も川崎近海汽船が高いように見えますが、津軽海峡フェリーからだと函館から苫小牧までの燃料代と高速代を計算したら大差はありません。八戸~苫小牧もフェリーなら横になって眠って行けますし、余計な燃料費がかからないのですが。9日の八戸~苫小牧並びに12日の苫小牧~八戸の往復の夜行便を、川崎近海汽船へ電話なりインターネットから申し込むこと。
そうなると10日の朝6時には苫小牧に着くのでそこからスタート出来ます。帰りは12日の夜までに苫小牧につけば良く13日も朝5時前か朝7時半に八戸に着くので、ゆっくりと移動してもお昼前くらいには自宅に着くはずです。
見立てでは釧網本線より東側は厳しいですね、愛国から幸福や上士幌・足寄くらいまで行ければ御の字でしょう。
詳細は川崎近海汽船のホームページをチェックのこと。プランニングに悩んで質問される場合は出発地を自治体の名前まで(青森県青森市のように)明記すること、この記載がないと話が進まない(プランニングができない)のでお知らせしておきます。

お礼

八戸からのルートは全く考えていませんでした。
参考にはなりましたが、私的には旅行は道中も楽しみたく、
走り慣れている青森-八戸間よりも北海道の道路を思う存分走ってみたいのです。
行きに関しては真夜中になるので風景もお店も楽しめませんが、
最終日は朝から出発する予定のため、道中の風景や面白そうなお店に立ち寄るのが今から楽しみだったりします。
そんなわけで、せっかくのご提案ですが予定通り函館からの出発で楽しみたいと思います。
道東の見所に関しましては他の方の意見が参考になりましたので、さっそく計画を立てているところです。

ご回答、どうもありがとうございました!

2017/06/16 18:06

2017/06/14 00:11
回答No.5

道東のどの辺を予定しているかは分かりませんが、野付風連自然公園も良いかと思います。

範囲が広く野付半島、尾岱沼から風連湖、根室半島付け根の春国岱までの海岸沿いで、風景写真を撮るに良い所だと思います。

釧路から厚岸方向の海岸沿いの道道142号線、通称「難解地名ロード」もドライブするには良いかと思います、通称名の由来は検索すれば分かります。

お礼

野付風連自然公園は良さそうですね!
別海町には他にも見所多そうですし、半日使ってでも立ち寄ってみようと思います。

2017/06/14 19:27

2017/06/13 13:15
回答No.4

更に付け加えて。
行きと帰りのそれぞれの利用する空会社・空港・出発時間が未記入だと、滞在時間がどのくらい取れるのかがわからないので話が先に進みません。
今の見立てでは阿寒湖・摩周湖・釧路湿原をレンタカーで巡って、往路・復路は共に釧路空港利用なのかな?と。質問に上げた全ては行かれないと考えてください、行く場所を絞ることが先決ですよ。

補足

回答ありがとうございます!
行きたいところだけ書いて肝心の日程等書くのをすっかり忘れていました。
etopitikaさんの補足に書いたとおりの日程、移動方法になります。

2017/06/14 00:19

2017/06/13 11:33
回答No.3

質問に肝心なことが抜けているような気がします。
一つは何日間の旅行か。
二つ目はどこの空港から北海道入りして、どこの空港から離道するのか。
 です。
 これによってお答えする内容が大きく変わってきます。
 全く白紙の、二泊三日としての一例を書きます。

あなたの計画を見ますと、音更町の白樺並木とオンネトーを除くと釧路エリアと網走エリアの一部の観光になっています。
 このため、効率よく回るには
(1)網走市に近い女満別空港インで清里町の神の子池~ミルクロード~釧路湿原~摩周湖~阿寒湖~オンネト-~白樺並木~帯広空港から離道
(2)釧路空港INで~釧路湿原~ミルクロード~神の子池(ミルクロードを引き返して)摩周湖~阿寒湖~オンネトー~白樺並木~帯広空港(離道)
 のコースが考えられますが、
(1)の場合、釧路側から入りますと神の子池は摩周湖の第一展望台の正反対方向にあり、いったん中標津町側(ミルクロード側)に戻るか、そのまま突き抜けて清里町緑から川湯温泉に入り、摩周湖観光になります。この時は女満別空港利用は不必要です。
いずれにしても、このコース内の他の見どころとしては、女満別空港から少し走ったところのメルヘンの丘(網走方面に向かうには否応なく通ります)、神の子池の前に清里町の「さくらの滝」(サクラマスがけなげに落差のある滝上りに挑戦する姿が見られます)。
   https://www.town.kiyosato.hokkaido.jp/kankou/

神の子池から少し中標津町に走ると「裏摩周展望台」。峠を下ると養老牛温泉(男はつらいよや釣りバカ日誌最終回の撮影地で露天風呂もある)。
その後、ミルクロード(北19号)の一角を走ってライダーに人気の開陽台。
   https://www.nakashibetsu.jp/kankou/kankou_jouhou/kaiyoudai/

【無駄な走りになりますが、白樺並木を見た後帯広空港からではなく、釧路空港に戻って離道するときは、釧路湿原はすぐ近くなので最終日程にする。】
 その場合開陽台の後は標茶町多和にある多和平展望台~摩周湖を見た後に阿寒湖に直行せずに峠を反対側に降りて、川湯温泉~屈斜路湖~少し美幌方面に逆送の形になるが、日本百名峠の「美幌峠」を見て引き返し、阿寒湖に向かう
   http://www.town.shibecha.hokkaido.jp/gyousei/shibecha_gaiyou/shizen/tawadaira.html
 同じようなものが、弟子屈町にもある「900草原」です。

 阿寒湖の~オンネトーの後で関心がれば松山千春の出身地「足寄町の道の駅」(見たくなくてもこの近くを通ります)~音更町十勝牧場白樺並木に行く前に、上士幌町「町営牧場ナイタイ高原牧場」でスケールの大きな十勝平野の眺望が楽しめます。
 帯広空港に行く途中でちょっと寄り道をすれば「愛の国から幸福へ」のキャッチフレーズで人気だった「愛国駅」と「幸福駅」に立ち寄れます。
 ちょっと長いわかりずらい紹介になってしまいましたので、このへんでやめておきますが、おおよその経路日程が決まりましたら、補足質問いただければ詳しい行程や走行時間なども回答できるかと思います。

添付写真は裏摩周です。お昼前後は逆光線になりがちです。っ子が曇っていれば摩周展望台も霧の中です。

補足

回答ありがとうございます!
すいません、仰る通り肝心なところが抜けていましたね。
日程は7月9日~13日の予定で、青森から自家用車でフェリーに乗って行きます。
9日の20:45に函館着で、そこから道東を目指します。
13日は17:30発の帰りのフェリーに乗るために朝から函館へ向かうので道東で動けるのは10日~12日になります。
自家用車での移動ですので小回りは効くと思います。
宿泊は道の駅摩周温泉で車中泊をしようと思ってます。

以上の補足から、効率の良い行程を教えて頂けると助かります。

2017/06/14 00:16