本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「役に立った」と評価
ベストアンサー

黒染めの焚火台

2023/03/08 16:05

三条市のテーエムという会社がステンレスに黒染めをした焚火台を売り出していて話題になっていました(「96【KURO】」というブランドで売っているようです)。希少技術とのことでしたが、ステンレスに染めをするというのは難しいのでしょうか

※OKWAVEより補足:「三条市への移住」についての質問です。

質問者が選んだベストアンサー

ベストアンサー
2023/03/08 16:33
回答No.1

こんにちは

60年かけて開発された黒染め加工は
希少価値の高いもののようです。

洗浄して油分や汚れを取り、黒染め駅に浸して加熱すると
酸化化学反応を起こして色が付くようです。
日焼けの仕組みに似ているとか?

https://www.makuake.com/project/96_02/

>株式会社テーエム(本社:新潟県三条市、代表取締役:渡辺 竜海)は、ものづくりの町「燕三条」にて60年以上かけて培ってきた鉄の黒染め技術を応用させ、全国でも珍しい希少な「ステンレスの黒染め」技術を開発しました。

>2019年には、自社ブランド『96【KURO】』を立ち上げ、現在は、黒染めカトラリー2仕様×5種を扱う「ライフスタイル部門」と黒染めナタを扱う「アウトドア部門」の2つのラインナップで展開しています。

そんな中、この度「アウトドア部門」第二弾となる「黒染め焚火台」のプロジェクトをMakuakeで実施し、たくさんの方々に共感いただき応援購入の目標達成率が1,800%を突破しました。

https://www.atpress.ne.jp/news/347065

>燕三条産 国内外希少なステンレス黒染め技術。焚火台に浮かびあがる炎で焚火時間を極める。

>塗装でもメッキでもない「黒染め」という金属の染色技術を施しております。黒染めは、塗料ではないので剥がれることもありません。アウトドア用品とも相性が良く、経年変化の風合いも楽しめるのは黒染めならでは。そんな洗練されながらも自分だけの黒を育てていける楽しみをも持つ焚火台
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000039744.html

お礼

2023/03/29 13:24

ありがとうございます。60年の努力の結晶なのですか、すごいですね。これは人気になりそうです

質問者

このQ&Aは役に立ちましたか?

その他の回答 (2件中 1~2件目)

2023/03/09 15:14
回答No.2

ステンレスに黒染めをする技術は、一般的には比較的困難であり、特殊な技術が必要です。黒染めとは、酸化皮膜を作り、それを黒く着色することで、ステンレスの表面を黒く見せる方法です。この技術は、鉄や銅などの金属に対しては比較的簡単に行われますが、ステンレスに対しては、素材の特性や表面加工方法によって、染色が行われるかどうかが大きく異なります。

したがって、三条市のテーエムが開発した黒染めの技術は、一般的なステンレスの染色技術とは異なる特殊な技術を使用している可能性があります。ただし、具体的な技術については明らかにされていないため、詳しいことはわかりません。

固形石鹸で代用できるかについては、一般的には困難だと思われます。ハイダーペーストは、繊維の糸巻きに塗布することで、糸巻きを滑らかに保ち、ゆるみを防止する効果があります。このような効果を持つ固形石鹸は、一般的には市販されていません。したがって、ハイダーペーストの代用品としては、特におすすめできるものはありません。

お礼

2023/03/29 13:22

ありがとうございます。特殊技術なのですね。具体的な方法は企業秘密なのでしょうね。

質問者

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。