本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

ベストアンサー
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:【工具の数学】カチカチと歯車が回転してネジを締める)

カチカチと歯車が回転してネジを締める

2023/10/21 05:22

このQ&Aのポイント
  • 締め工具にはギア数が60あり、360度に60個の突起があります。
  • 締め工具は1締めの1カチが12度であり、ネジが12度ごとに締まっていきます。
  • したがって、ギア数60の場合、ネジは6度ごとに締まることになります。
※ 以下は、質問の原文です

【工具の数学】カチカチと歯車が回転してネジを締める

2023/04/01 15:19

【工具の数学】カチカチと歯車が回転してネジを締める締め工具があります。それはギア数が60でした。


360度に60個の突起があり、120個の凹凸、60個の凹部と60個の凸部があるわけです。

1つの谷に入るたびに締め上がるのわけで、1谷ごとのカチカチ言うわけなので実際は30ごとに締まります。

ということは、360度割る30で1締めの1カチが12度ということでしょうか?

12度ごとにネジが締まっていくという認識で合っているのか教えてください。

ギア数60なら6度ごとに締まるのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

ベストアンサー
2023/04/01 21:55
回答No.4

はい、おっしゃる通りです。ギア数が60の場合、360度を60で割ると1つの歯が6度となります。したがって、締め工具が1回転すると、60×6=360度で、1つの凹凸が締められます。つまり、1つの凹凸あたりの角度は360度/120=3度です。しかし、実際には、締め工具がカチカチという音を立てるのは、凸が谷に入るたびに1回であり、120個の凸があるので、360度を120で割ると1つの凸が3度となります。したがって、ネジは3度ごとに締まることになります。

分かりやすく説明します。

締め工具の歯車には60個の歯があります。これは、歯車が1回転すると、360度になることを意味します。つまり、1つの歯が360度/60=6度の角度を占めます。

締め工具には、ネジを締めるために使用される120個の凹凸があります。これらの凹凸が締め工具の歯車の歯にかみ合うことで、ネジが回転し、締まっていきます。

したがって、締め工具を回転させると、1つの凹凸が歯車の歯とかみ合って、1回転するまでに必要な角度は360度/120=3度となります。

つまり、ネジは1回転するたびに、締め工具の歯車が6度ずつ回転し、歯車の歯と凹凸がかみ合うことで、3度ごとに締まっていきます。これがカチカチという音に繋がります。

お礼

2023/04/02 20:34

みんなありがとう

質問者

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する

その他の回答 (4件中 1~4件目)

2023/04/01 20:53
回答No.3

>カチカチと歯車が回転してネジを締める締め工具があります。
ラチェットレンチですね

「ラチェット機構」とは? ラチェット機構とは回転を一方向に制限するもので、ある一方向には回るのですが、反方向には回らない(回せない)機構のことです。

投稿された画像
2023/04/01 16:32
回答No.2

1カチ=1締めならそれであってます。

2023/04/01 15:38
回答No.1

カチカチと言う時は所定のトルクを過ぎて空回りしてる状態です
何度カチカチをしても強く締まる事はありません

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。