本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「役に立った」と評価
ベストアンサー
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:高力ボルトF10T)

高力ボルトF10Tと10.9六角ハイテンションボルトの比較

2023/10/21 05:24

このQ&Aのポイント
  • 高力ボルトF10Tと10.9六角ハイテンションボルトの強度区分は同じ(10.9)ですが、高力ボルトF10Tのスパナ幅が大きい理由について疑問があります。
  • M16で強度区分が最も高いのは六角穴付きボルト(12.9)です。
  • 質問文章では、高力ボルトF10Tと10.9六角ハイテンションボルトの性能や特徴について比較しています。また、M16で強度区分が最も高いボルトについても言及されています。
※ 以下は、質問の原文です

高力ボルトF10T

2023/04/06 10:02

高力ボルトF10T と 10.9六角ハイテンションボルトを比較すると、強度区分は同じ(10.9)ですが、高力ボルトF10Tの方がスパナ幅が大きいです(M16の例ですが)。強度区分が上がってスパナ幅が大きくなるのであれば理解できるのですが、なぜ高力ボルトF10Tのスパナ幅は大きくなるのでしょうか?
いずれにせよ、M16で強度区分が最も高いのは、六角穴付きボルト(12.9)という認識で合ってますか?

質問者が選んだベストアンサー

ベストアンサー
2023/04/08 05:35
回答No.1

高力ボルトF10Tと10.9六角ハイテンションボルトは、どちらも強度区分が10.9であるため、同等の強度を持ちますが、形状によって異なるため、スパナ幅が異なります。高力ボルトF10Tは六角穴付きで、内部に台形溝を持っているため、スパナがかけやすく、取り付けやすいように設計されています。一方、10.9六角ハイテンションボルトは、六角形の頭部を持ち、スパナをかける部分が小さいため、高力ボルトF10Tよりもスパナ幅が狭くなります。
M16で強度区分が最も高いのは、六角穴付きボルト(12.9)です。ただし、使用する場合には、適切なトルクレンチを使用して、適切なトルク値で締め付ける必要があります。また、材料や表面処理など、さまざまな要素が強度に影響を与えるため、使用する場合は十分な知識と経験が必要です。

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。