本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「役に立った」と評価
ベストアンサー
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:ワイヤ放電加工液の加工材質に応じた比抵抗とは?)

ワイヤ放電加工液の加工材質に応じた比抵抗とは?

2023/10/21 05:29

このQ&Aのポイント
  • ワイヤ放電加工液(水+イオン交換樹脂)は加工材質に応じて最適な比抵抗値にする必要があると知りました。
  • 導電性が高い材質は比抵抗値を上げる方向て絶縁性を高くする効果があります。
  • 銅、アルミ、タングステン、超硬、鋼の材質は比抵抗値が低い特徴があります。
※ 以下は、質問の原文です

ワイヤ放電加工液の加工材質に応じた比抵抗とは?

2023/04/22 15:39

お世話になりなります。
ワイヤ放電加工液(水+イオン交換樹脂)は加工材質に応じて最適な比抵抗値にする必要があると知りました。具体的にはどのような条件になるのか、ご存知の方は是非ともご教示ください。
例えば、導電性が高い材質は比抵抗値を上げる方向て絶縁性を高くする・・・とかありますか? 高← 銅・アルミ・タングステン・超硬・鋼 →低

よろしくお願いいたします。


※OKWAVEより補足:「技術の森( 機械加工)」についての質問です。

質問者が選んだベストアンサー

ベストアンサー
2023/04/27 10:32
回答No.1

ワイヤ放電加工液は、導電性のある材料から電気放電によって微細な穴をあける際に使用される液体です。比抵抗値は、液体の導電率や抵抗値を示す物理量です。比抵抗値は、液体の成分、濃度、温度、および電場の強さによって異なります。

一般的に、導電性が高い材料ほど比抵抗値が低くなります。これは、導電性が高い材料ほど電気を通しやすいため、電流が流れやすく、液体の抵抗が低くなるためです。そのため、導電性が高い材料に対しては、比抵抗値を上げる方向に調整することが必要です。

一般的には、ワイヤ放電加工液の比抵抗値は、加工対象材料の導電性や形状、および放電電極の形状や材料などによって最適値が異なります。そのため、比抵抗値の調整には、専門知識を持つ技術者による実験や試行が必要となります。

お礼

2023/04/27 19:36

分かりやすい説明でよーく理解できました。
大変ありがとうございました。

質問者

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。