本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

ベストアンサー
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:UV塗装について)

UV塗装の効果的な方法とは?

2023/10/12 16:42

このQ&Aのポイント
  • 短納期で塗装処理を行う方法として、UV塗装が有効な選択肢です。
  • UV塗装は切削加工品や溶接品の塗装にも適しており、常温での塗装よりも硬度が高く、短時間で塗装ができます。
  • UV塗装は素人でも簡単に行うことができ、焼き付け塗装と同等の硬度を実現することができます。
※ 以下は、質問の原文です

UV塗装について

2001/07/04 21:40

短納期で塗装処理をして納品という事ってよくありますよね。
いろいろ調べていると、このUV塗装という方法が、けっこう有効な気がしてなりません。切削加工品の塗装や溶接品の塗装に常温での塗装は硬度があまりないようで、メラミン等の焼き付け塗装になってしまいますがUVなら短時間で塗装できそうですが、これは素人の考えでしょうか。常温塗装での硬度が焼き付け塗装に匹敵するような塗装やUV塗装について教えて頂けないでしょうか。よろしくお願い致します。

質問者が選んだベストアンサー

ベストアンサー
2001/07/05 08:29
回答No.1

まず考慮すべき点は、温度による制限がある場合(精密加工品等)は低い温度で硬化する塗料の選択が必要です。
その他、塗装される形状、使用される環境を考慮し選択します。
樹脂系         硬度   焼付温度
メラミン        H前後   110。
エポキシ変性メラミン  2H前後 120。
ウレタン        2H前後  自然乾燥110。
エポキシ        3H前後  自然乾燥110。
ポリエステル      6H    140。
上記値は塗料メーカーにより差があります。
また、UV塗装も硬度には問題ありませんが、形状により
制限がでます。

お礼

0002/11/30 00:00

早速の回答ありがとうございます。硬度は爪を立てて傷がつかない程度の硬さでOKなのですが、2H程度の硬度になるとどうしても2液性の塗料しかないような気がします。(2液性塗料は使いにくい気がしているので)焼き付け塗装と同じように短時間で乾燥させて硬度がある常温の塗料というものがあればとおもって探しています。

質問者

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する

その他の回答 (3件中 1~3件目)

2001/07/10 12:18
回答No.3

エナメルは(着色、顔料が入った)という意味合いでしょうか。
要は色つきということです。
ラッカーは焼付けと違い、溶剤の揮発のみで塗膜します。
速乾性で扱いやすいです。(スプレー缶はこのタイプです。)
強度は定量的なことはいえませんが、ある程度あります。
ただ溶剤に対して可逆反応します。(溶けます。)
仕様用途・性能にに応じて使い分けられれば、短納期という点ではお薦めです。

お礼

0002/11/30 00:00

的確な回答ありがとうございました。用途に応じて使いたいと思います。
またご指導お願いいたします。

質問者
2001/07/05 12:43
回答No.2

UV塗装はハードコーティングもありますし、短時間で低温硬化、乾燥路の省スペース等、確かに利点も多く今後、樹脂製品を中心に普及すると思います。私もいいなあと思ます。
ただ現在は、メラミンなどの塗料に比べて大変高価な塗料です。
顔料にもよるので任意の色が作れるまでにはもう少し時間がかかりそうです。
いい点だけ見ると設備して使いたくなるのですが、UV塗料を使うだけの機能性や意匠製、(短時間も含むのかな?)の付加価値がないと採算が取れません。

お礼

0002/11/30 00:00

ご回答ありがとうございます。良い物はやはり高価なようですね。
先日、ラッカーエナメルというスプレー缶を見たんですが、その見本が硬かったんですが、どのような物でしょうか。また質問のようになりましたが、教えて頂ければ喜びます。

質問者

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。