本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

ベストアンサー
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:超硬の材種でZ種について)

超硬材料のZ種について

2023/10/12 16:45

このQ&Aのポイント
  • 超硬材料のZ種は、新しい材種であり、P・M・K種以外の選択肢として注目されています。
  • Z種は高い硬度と耐摩耗性を持ち、切削加工や摩擦磨耗に優れた性能を発揮します。
  • さらに、Z種は耐蝕性にも優れており、高温環境下での使用に適しています。
※ 以下は、質問の原文です

超硬の材種でZ種について

2001/06/27 17:33

皆さんこんにちは。
先日、友人から超硬の材種でZ種というのがあると聞きました。自分はP・M・K種しか知らなかったので驚きました。
この種類についての特徴など教えて下さい。
よろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

ベストアンサー
2001/06/28 06:48
回答No.1

 お早うございます。
 一般切削工具用超硬合金としては、PMK種がメインですが、Z種超硬は「超微粒子超硬合金」に区分されます。同じように0130迄グレードがありますが、PMK種に比べ硬度・抗折力が高く、穴あけ用工具としての用途がメインです。NACHIのアクアドリルがこの材種を使用しています。
 因みにこのアクアドリル、三菱のZET-1ドリルと比べ、送り1.5倍で、寿命2倍のテストデータを得る事ができ、現在中量テスト中。近いうちに全て変更しようかと思っています。

お礼

0002/11/30 00:00

BEAT-Sさん有り難うございました。超微粒子超硬合金は聞いていましたが、グレードまで有るとは知りませんでした。
ところで、当方にもNACHIのアクアドリルのパンフレットが回って来たようです。大変興味が有ります。どんな被削材に使用したのでしょうか?内容など教えて頂ければ幸いです。

質問者

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する

その他の回答 (3件中 1~3件目)

2001/06/29 06:15
回答No.3

 お早うございます。
 テストに使用したドリルはφ11.7です。また、切削液は水溶性でソリューションタイプ(現状使用品)を外部給油しました。

お礼

0002/11/30 00:00

おはようございます。解答有り難うございました。同僚にもテスト結果を回覧しました。皆一様に驚いている様子でした。(上司も注目してました。)「新しい工具情報もしっかりと把握しなければ!」と思いました。
今回はさまざまなアドバイス頂きまして有り難うございました。(また何か有りましたらよろしくお願いします。)

質問者
2001/06/28 16:14
回答No.2

 アクアドリルのテスト内容について
 すみません、一つ誤記がありました。正しくは送り2倍で寿命2倍です。
 被削材はS35C(特殊添加物有)、L/D=1.2の穴です。L/D=1.6のワークもあるのですが、かなりの特殊形状になるのでテストは未だ実施していません。加工条件は下記の通りです。
 V=60m/min(90m/minでもテスト)
 f=0.15mm/rev→0.3mm/rev(アクアドリル)
 ステップフィード2回
 WET加工(将来的にはDRYを検討)
能率3倍(周速1.5倍・送り2倍)でも加工は可能で、寿命も倍近かったのですが、目的が寿命UPでしたので能率2倍の条件で使用しています。加工精度も特に変化はありませんでした。
 以上、参考になれば幸いです。

補足

0002/11/30 00:00

早速の回答有り難うございます。すごい結果ですね!!カタログだけでは信頼性に欠けていたのですが、BEAT-Sさんのアドバイスで試したくなりました。ちなみにテストで使用したドリルの径はいかほどでしょうか?当方もS45Cを多く加工するので検討したいと思います。よろしくお願いします!!!。

質問者

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。