本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

締切済み
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:パイプのプレス加工での絞りについて)

パイプのプレス加工での絞りについて

2023/10/12 17:33

このQ&Aのポイント
  • パイプのプレス加工において、φ100の溶接管をφ60に絞る場合と、逆にφ60をφ100に広げる場合、どちらが安全か簡単かを比較します。
  • 簡単な金型構造について、パイプのプレス加工で使用される金型の構造について解説します。
  • パイプの絞り加工における安全性と簡単さについて考え、適切な方法を選択するためのポイントをまとめました。
※ 以下は、質問の原文です

パイプのプレス加工での絞りについて

2001/05/25 13:17

プレス加工で、φ100の溶接管をφ60にネッキングするのと、逆にφ60をφ100にするのでは、どちらが安全で簡単でしょうか? また簡単な金型構造を教えてください。

回答 (1件中 1~1件目)

2001/05/26 03:42
回答No.1

本件の質問に対して、答えるには仕様条件が不足していると思います。
*材質
*φ100部の長さ
*φ60部の長さ
*φ100とφ60部の間の形状
*本管の肉厚と肉厚変化許容量
*その他
上記の条件によってどちらにも成ります。ただしどちらも簡単な仕事では有りません。

補足

0002/11/30 00:00

失礼致しました。素材はSUS304で、長さ200mmくらいのパイプを片側端より80mm程度絞りたいと思います。肉厚は1.5mmないし1.0mmを考えております。また肉厚変化は特に問題ありません。よろしくお願いします。

質問者

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。