本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「役に立った」と評価
締切済み
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:アロジン処理とは?)

アロジン処理とは?

2023/10/12 17:35

このQ&Aのポイント
  • アロジン処理とはアルミ精密部品の機械加工業において行われるメッキ処理の一種です。
  • アロジン処理により、アルミ部品の導通性が向上し、電気的な接触の信頼性が高まります。
  • アロジン処理はアルマイト処理とは異なり、色付きの表面を形成しません。
※ 以下は、質問の原文です

アロジン処理とは?

2001/05/23 10:33

当社はアルミ精密部品の機械加工業ですが、
あるお客様からアロジン処理をして欲しいとの
依頼がありました。メッキ処理のことで、
導通がよい事だけは解るのですが、具体的に
何色で、表面がどうなるのか、アルマイトとの
根本的な違いとかを教えて頂けると大変助かります。
宜しくお願いします。

回答 (3件中 1~3件目)

2001/05/23 11:37
回答No.3

アロジンは、塗装のように素材の表面に付加する処理で、クロム酸を使用したクロメート処理です。色調は主に黄色と言ってしまいますが、膜厚の微妙な差によって、干渉色(水面に浮いた油膜のような)を示します。

アルマイトは、アルミニウム素材を陽極で電解処理して、アルミニウムの表面層を酸化物に変質する処理です。塗装と違い、素材自身が膜の材料となります。アルミニウム製のなべ・やかん、アルミサッシなどほとんどのアルミニウム材料に用いられています。

とはいうものの、まず過去のログを検索しませんか?

お礼

0002/11/30 00:00

どうも有難うございました。

質問者

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する
2001/05/23 11:25
回答No.2

アルミニウム上のクロメート処理のことです。
皮膜が薄く「玉虫色」系で「塗装」の下地処理として
行われ密着性を向上させます。
また、表面処理時に電気を使用しません。

アルマイト処理は、アルミの表面層を電解により酸化させ
防食、装飾などの機能的性質を付与させます。

お礼

0002/11/30 00:00

どうも有難うございました。

質問者
2001/05/23 11:15
回答No.1

過去ログにいくつか回答ありますよ(・・b
検索してみて下さい

お礼

0002/11/30 00:00

アロジン処理で検索してみたのですが、解らなかったので・・・すいません。
アロジンだけで検索をすれば良かったんですね。反省しています。ご迷惑をおかけ致しました。今後は二度とこのような事が無いよう十分注意しますので許していただけないでしょうか?

質問者

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。