本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

締切済み
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:蓄光材を成形品にすることの制約)

蓄光材の成形品への制約

2023/10/12 17:44

このQ&Aのポイント
  • 最近、蓄光材の硬度が高く、樹脂成形品には適さないことがわかりました。作れるものと作れないものにはどのような違いがあるのでしょうか?
  • 蓄光材を樹脂成形品にする際の制約は何なのか知りたいです。硬度が高くて粉砕された粉が樹脂に適さないということですが、具体的にはどのようなものが作れず、どのようなものが作れるのでしょうか?
  • 蓄光材を樹脂成形品に使う際には制約があるそうですが、具体的にはどのような制約がありますか?作れるものと作れないものにはどのような違いがあるのでしょうか?
※ 以下は、質問の原文です

蓄光材を成形品にすることの制約

2001/05/05 11:04

最近知ったのですが蓄光材は硬度が相当高くて、粉砕された粉だそうで樹脂成形品に適さないそうです。どのようなものが作れてどのようなものが作れないのでしょうか。また作れる場合には粒径はどれぐらいのものが必要なのでしょうか。

回答 (1件中 1~1件目)

2001/11/12 02:37
回答No.1

成形温度で、蓄光材がガスを発生させる温度(沸点)以下だったら大きさや、形状はあまり関係ないと思いますが・・・
強度は粒子が大きいほど弱くなると思いますが、加工は出来ると思います。粒子径は不純物除去フィルターに引っかからない程度でしたら問題ないと思います。
ご参考まで。

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。