本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

ベストアンサー
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:純ニッケルの加工法と材種の特性について)

純ニッケルの加工法と材種の特性について

2023/10/12 18:39

このQ&Aのポイント
  • 現在MCでの純ニッケル加工の仕事が来ています。ポケット、長溝、ザグリ等の加工を行う作業内容です。
  • 工具の刃持ちが悪く適正な切削速度を見つけることが出来ません。ハイスのラフィングの刃先が目に見えて摩耗していきます。超硬工具も試してはいますが、思うような精度が出せません。
  • 機械的な精度は要求寸法に十分使用に耐えうる精度はありますが、純ニッケルの加工法について教えていただけませんか?
※ 以下は、質問の原文です

純ニッケルの加工法と材種の特性について

2001/03/16 13:36

はじめましてcooです。よろしくお願いします。
現在MCでの純ニッケル加工の仕事が来ています。ポケット、長溝、ザグリ等の加工を行う作業内容です。φ2φ10位のエンドミルにてどうにか加工を行っていますが、工具の刃持ちが悪く適正な切削速度を見つけることが出来ません。ハイスのラフィングの刃先が目に見えて摩耗していきます。超硬工具も試してはいますが、思うような精度が出せません。機械的な精度は、要求寸法に十分使用に耐えうる精度はあります。どなたかこの材種の加工法について教えていただけませんか?

質問者が選んだベストアンサー

ベストアンサー
2001/03/23 13:20
回答No.1

毎度。この加工は難しいですね。では超硬で説明をさせて頂きます。エンドミルの形状ですが超硬各社の難削材用を使用して下さい。これはネジレ角が60°であり、これで切りくず厚みを薄くし切削抵抗を抑制します。工具材種は超微粒子超硬合金+コーティング品がコスト面で有利でしょう。後は切削油ですがこれは多量にかけて下さい。またできれば不水溶性が効果大です。水溶性で行う場合は現在の濃度より更に濃くしてください。切削速度はだいたい1040m/min位が目安です。
では。。。

補足

0002/11/30 00:00

ご回答いただき有難う御座います。MCについて2年経ちますが、当社初めての素材に苦戦しております。ご指導下さいましたエンドミルですが、私の勉強不足で申し訳ありませんが手元にある○ベルコ・○&Kさんのカタログにはネジレ角60°のエンドミルが乗っておりません。出来れば、具体的なメーカーと品名を教えて頂けませんか?それと、水溶性切削油を通常の濃度の倍にして加工を行いました。以前よりも工具の持ちが良くなり、仕上がり面も良くなりました。切削速度はご指摘の通り、かなり低く抑える必要がありますね。現在はハイスのエンドミルを主に使用していましたが、今後は超硬エンドミルを主に使用し適正な切削速度を見つけていきたいと思っています。もう一つ、被削材自体は硬くは無いのに、刃持ちが悪い原因はなぜなのか後学のために教えていただけ無いでしょうか?ご回答下さった上にさらに質問をして申し訳ありませんが宜しくお願いします。

質問者

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する

その他の回答 (2件中 1~2件目)

2001/03/28 09:11
回答No.2

毎度。メーカは当方が回答できるのはマテリアルです。側面用はSPF****SHG(60°ネジレ)、溝加工用はSZE4***MGです。なぜ加工がしにくいかですが、主にこの様な難削材と言われる材料は加工硬化が起こりやすく(加工した面が加工する前より材料硬度が高くなる事を言う)、熱伝導性が悪い(加工中に発生した熱が放熱されず刃先にこもり摩耗を促進させる)、また排出される切りくずもせん断形が生成される為ビビリ易い。超硬を使用する時は品物が高価でありますので、メーカが指定している切削速度の約半分から始めて下さい。それで良好であれば徐々に速度を上げて下さい。では。。。

お礼

0002/11/30 00:00

重ね重ねの質問にご回答いただき有難う御座います。そのようが現象が刃先に起こっていたのですね。社内にある文献を斜め読みした程度では、材料の特性についての記事を見つけることが出来ずに困っていました。生産に終われる日々にかまけて学習することを怠っていました。超硬工具が手に入りしだい、ご指摘の通り研究加工を行いたいと思っております。今後とも宜しくお願いします。

質問者

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。