本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

締切済み
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:バネワッシャの緩み防止の原理)

バネワッシャの緩み防止の原理

2023/10/12 20:26

このQ&Aのポイント
  • バネワッシャは締結体に使用され、緩みを防止する役割を果たします。
  • バネワッシャの原理は、バネの力によって締結体を圧縮し、緩みを抑制することです。
  • バネワッシャは機械や建築物などの締結部分で使用され、長期間の使用による緩みを防止します。
※ 以下は、質問の原文です

バネワッシャの緩み防止の原理

2002/12/24 11:57

バネワッシャは締結体に使います、その作用を教えて下さい

回答 (4件中 1~4件目)

2003/06/30 01:09
回答No.4

その後どうなったのでしょうか?
問題が解決したなら締め切りませんか?
それと結果を教えていただけると助かります。

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する
2002/12/26 00:22
回答No.3

『バネワッシャー』『スプリングワッシャー』などをJISでは『ばね座金』と呼びます。
ばね座金はボルトが緩む方向(通常右ネジは左回転)に回されるとボルトと材料に食い込むようになっています。
簡単に言うと振動などで回ろうとするボルトの緩みを押さえるために使用するのです。
しかし硬いボルトや焼き入れ材などには効果はありません。
その際には特殊な座金と設計が必要になります。
ご参考までに、

2002/12/25 22:03
回答No.2

ボルトが緩んで欲しくないところに,緩み止め用として,ばね座金を使用します。
例えば,モーターの取り付けとか,リミットスイッチとかに。

2002/12/24 19:25
回答No.1

 ボルト締めする時、締付力はナットやワッシャの当り面の摩擦力と、ナットの締付によるボルトの引張応力の反力により締結される。
 バネワッシャ(スプリングワッシャ)は締付により弾力を生じ、弾力がボルトの引張応力を増加させて、その締結力を増すんじゃないのですか。
 また、スプリングワッシャはナットの当り面が鋳肌や黒皮むきだしの場合に向き合うナットの面同士を平行にする作用もあります。

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。