本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

締切済み
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:工具類に使われる、NH処理とはどんな処理ですか)

工具類に使われる、NH処理とはどんな処理ですか

2023/10/12 22:22

このQ&Aのポイント
  • 工具類に使用されるNH処理について解説します。
  • NH処理は工業用刃物に適用されており、刃物の寿命を向上させるための技術です。
  • 具体的な技術内容や調査方法については、各処理メーカーの固有技術になります。
※ 以下は、質問の原文です

工具類に使われる、NH処理とはどんな処理ですか

2002/09/22 12:07

工業用刃物に適用されていると聞きますが、その技術内容か技術の調査方法を教えて頂けませんか。刃物寿命(耐摩耗性、エッジの耐久性)を向上させるようですが、窒化処理を改善した、近似の方法なのでしょうか
処理メーカ固有の技術のようですが

回答 (1件中 1~1件目)

2003/10/10 13:11
回答No.1

No.6349「サブゼロ処理によるSUSの硬さ靭性等の向上」が締め切られましたので(お礼ポイントありがとうございます)ここのご質問にお答えと同時にNo.6349の補足させて頂きます。

 《本欄のお答え》
NH処理とはガス窒化処理のことと思います。

>>窒化処理を改善した、近似の方法なのでしょうか

と言うより,窒化処理のひとつの方法と捉えたほうが良いと思います。
ガス窒化について次のようなことが下記URLで述べられています。
このURLでは「熱処理のやさしい話」として分かりやすく書かれていますので、一度開いてご覧になると良いと思います。

http://www.tobu.or.jp/yasashii/book/gj15.htm
http://www.tobu.or.jp/yasashii/book/gj09.htm

ガス窒化
「1923年、A.Fryによってアンモニアの分解ガスを用いたのが最初です。500550℃に加熱したアンモニア分解ガス中で、50150時間処理します。この時のアンモニアの分解率は30%前後にします。この処理によって深さ0.20.3mm、10001200HVの硬さが得られます。耐摩耗性、耐食性に優れた特性が得られますが、処理時間の長いのが欠点です」


 《No.6349「サブゼロ処理」の補足》
>>一口にサブゼロ処理と言っても液体窒素以下の温度なら、得られる性能が更に向上する可能性があるのですか

はい、その通りです。温度が低いほうが耐磨耗性の向上につながると言うことです。
又,ドライアイスではマイナス80度C、炭酸ガスではマイナス130度C、液体窒素ではマイナス196度Cまで冷却可能だそうです。
マイナス100度C位までを普通サブゼロ,それ以下を超サブゼロと呼ばれています。

以上,参考になれば幸いです。

お礼

2003/10/10 23:38

NH処理についての丁寧なご回答有り難うございました、参考にします
また、サブゼロ処理については、液体窒素レベルの処理効果(耐摩耗性)を、何時か確かめようかと考えています

質問者

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。