本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

ベストアンサー
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:ハードクロムメッキの耐熱温度)

ハードクロムメッキの耐熱温度は?

2023/10/12 22:39

このQ&Aのポイント
  • ハードクロムメッキはどの程度の温度まで耐えうるのでしょうか?
  • ハードクロムメッキの耐熱温度についてご存知の方、教えてください。
  • 私たちはハードクロムメッキをしたロールを使用していますが、その耐熱温度が気になります。
※ 以下は、質問の原文です

ハードクロムメッキの耐熱温度

2002/08/21 00:34

こんばんは。早速ですが質問させて頂きます。
私は資材課に所属しております。弊社ではよくSKTM13Aなどにハードクロムメッキをしたロールを外注していますが、ハードクロムメッキはどの程度の温度まで耐えうるのでしょうか?ご存知の方居られましたらお教え願います。宜しくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

ベストアンサー
2002/08/22 10:34
回答No.3

遅くなりましたが。

1 耐酸化性
金属が酸化物になると体積変化が生じます。この体積増加率が1より小さいと酸化膜は隙間だらけになります。Cr->Cr2O3の場合だと、1->2.07で酸化膜によって下層の保護にはなりますが、1より大きいため、酸化膜に圧縮応力が生じます。酸化膜の成長に伴ない、応力の蓄積で膜が脱落してしまいます。クロムの場合、600℃とされています。

2 高温硬さ(熱いときの硬さ)
クロムめっきはめっき直後には8001000HMVの硬度があります。200℃を越えると硬度は急激に低下し始め、600℃では180HMV位になります。

3 熱処理後硬さ(熱処理後の室温での硬さ)
脆化除去のために200℃で熱処理しますが、この温度での硬度低下はありません。
300℃でも問題ないですが、400℃を超えたあたりから低下しだし、600℃での熱処理が行われたものは600HMVになります。(熱処理時間:1時間)

こんなところでよろしいでしょうか?

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する

その他の回答 (3件中 1~3件目)

2002/08/21 09:14
回答No.2

耐えるというのを硬さに限定して回答します。
めっき直後の硬さはHV9001000ぐらいです。
この硬さは300℃以下なら保てるでしょう。
しかし、それ以上になると、600℃でHV500、800℃でHV200まで下がります(文献値)。
柔らかくなると、磨耗量は多くなるでしょうね。

お礼

2002/08/22 00:28

大変参考になりました。今後も質問させて頂くことがあるかもしれませんが、何卒宜しくお願いいたします。ありがとうございました。

質問者
2002/08/21 08:17
回答No.1

温度に耐えるというのはどの項目なのでしょうか?

1 耐酸化性->酸化物が脱落する。
2 高温硬さ->使用時に曝される高温で硬さが低下する。
3 熱処理後硬さ->脆化除去などのための熱処理後、室温での硬さが低下する。

補足

2002/08/22 00:38

回答ありがとうございます。
1.2.3すべてにおいてです。

質問者

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。