本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

締切済み
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:スプリングバックについて)

ばね用りん青銅 C5210R-EH t=0.3mmを曲げる方法とスプリングバック量の見込み

2023/10/12 23:42

このQ&Aのポイント
  • ばね用りん青銅 C5210R-EH t=0.3mmを曲げる方法とは?スプリングバック量の見込みについて調べています。
  • スプリングバックとは、金属を曲げた後に元の形状に戻る現象のことです。今回はばね用りん青銅 C5210R-EH t=0.3mmを曲げる方法とスプリングバック量の見込みを知りたいです。
  • ばね用りん青銅 C5210R-EH t=0.3mmを曲げる方法について検討していますが、スプリングバック量がどのくらいなのか分かりません。詳しい方、教えてください。
※ 以下は、質問の原文です

スプリングバックについて

2002/06/25 18:05

ばね用りん青銅 C5210R-EH t=0.3mmを曲げる方法を
検討していますが、スプリングバック量をどのくらい
見込むべきか全く分かりません。
どなたかご存じでしたら教えて下さい。

回答 (2件中 1~2件目)

2002/06/27 11:34
回答No.2

STAGEさん、こんにちは
paseriさんの回答に少し補足します。
ばね用リン青銅板の圧延方向によってスプリングバック量が異なることがあります。
板の表面をよく見ると圧延痕と思われる筋がみえるので、それを頼りに、曲げの方向を直角と平行の2種類で曲げ試験を行なうことをお勧めします。

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する
2002/06/26 06:33
回答No.1

実際にL字曲げ、U字曲げで御座いますれば、平板を
曲げてみれば良いかと、思います。
その際に、板厚と、上型と下型のスキマの関係をデ-タ-として取って置くと良いと、思います。

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。