本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

締切済み
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:裏当材について)

銅製の溶接裏当材は種類がありますが、どれを選ぶべき?

2023/10/13 00:26

このQ&Aのポイント
  • 溶接の裏当材には銅が良いと言われていますが、銅にもさまざまな種類があります。
  • どの銅製の裏当材を選ぶべきかを知りたいです。
  • 効果的な溶接には適切な銅製の裏当材が必要です。
※ 以下は、質問の原文です

裏当材について

2002/06/04 21:44

溶接の裏当材は銅が良いと聞きました
銅と言っても色んな種類がありますが
何を使ったら良いのでしょうか

回答 (3件中 1~3件目)

2002/06/05 14:50
回答No.3

当社ではCr-Cuクローム銅を利用しています。
切削加工もしやすく、それなりの耐久性があります。手ごろな規格サイズが販売されています。近くの特殊鋼材販売店なども以下のHPから取り寄せているようです。カタログ依頼されると良いと思います。基本的には切り売り材料です。

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する
2002/06/04 22:44
回答No.2

純銅が入手も簡単ですし、柔らかいのでフィットし易く良いでしょう。

2002/06/04 22:10
回答No.1

熱伝導の問題ですので、純銅に越したことはありませんが、溶接のあて板程度の使用方法でしたら、銅と詠われている物でしたらそんなに違いは無いと思いますよ。
半自動溶接機のメーカーなどでは先端のチップを研究していると思いますのでその材質が一番適していると思います。(中には高価な素材を使っている物も有ります。)

ベリリウム等などの高価な素材を使うより定期的に新しい物に交換した方がコストや、能率など総合的にはメリットが出る場合もあります。(特に手作業の場合などは・・・)

ご参考まで。

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。