本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

締切済み
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:硬質アルマイト機械加工について教えてください。)

硬質アルマイト機械加工についての教えてください

2023/10/13 00:45

このQ&Aのポイント
  • アルミ(A5056)軸に硬質アルマイトを付けた場合、研削仕上げは可能でしょうか?
  • 硬質アルマイトを付けたアルミ軸の機械加工について教えてください。
  • アルミ(A5056)軸に硬質アルマイトを施した場合、研削加工は可能ですか?
※ 以下は、質問の原文です

硬質アルマイト機械加工について教えてください。

2002/04/29 13:34

アルミ(A5056)軸に硬質アルマイトを考えております。硬質アルマイトを付けた軸の研削仕上げは可能でしょうか?

回答 (5件中 1~5件目)

2002/04/29 23:18
回答No.5

アルマイト層はAl2O3ですから酸素分が膨張します。
kei-nksm さんの通り豆腐にダイヤモンドコーティングしたようなものです。アルマイト膜は0.01?の厚さ以上になりません。餅が乾いたような物と思ってください。

お礼

2002/05/01 09:34

有難うございます

質問者

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する
2002/04/29 22:58
回答No.4

砥石の種類とかには詳しくありませんが、注意していただきたい点がありますので。

アルミニウムの表面層を酸化物に改質したアルマイトですので、その膜厚はプラス目になるのかマイナス目になるのかは、処理次第ですが。
得たアルマイト膜はアルミニウムに比べて格段の硬度を持っています。
極端な例えですが、豆腐にダイヤモンドコーティングしても、金づちでたたけば豆腐もろとも壊れてしまいます。アルマイトの加工にはこの手の危険性が常に付きまといます。
目視で問題ないとしても、アルマイト膜にひび割れが発生する可能性を考慮しておられるのでしょうか?
「硬い=脆い」という問題があるため、アルマイト膜が脱落しなくても、ひび割れから腐食が進展することを考慮しておいて下さい。

お礼

2002/05/01 09:33

有難うございました
十分注意します。

質問者
2002/04/29 22:45
回答No.3

777さん こんばんわ yamasakiです。
アルマイトはアルミの表面組織を化学処理し耐蝕性を
向上させるものですが、それ程深く入るものではありません。 研磨代をどの程度に設定されるおつもり
かは判りませんが、余り取りすぎるとアルマイト層を
削りきってしまう可能性も有りますので、膜厚管理等
には十分ご注意を!!!
ちなみにstradaさんも回答されていますが、十分
研磨できます。

お礼

2002/05/01 09:31

軸寸法を出すため、アルマイトで寸法(膜厚)管理は難しいと判断し、硬質アルマイト(5070μ)後研磨30μ程度で考えております。

質問者
2002/04/29 15:36
回答No.2

CBN砥石を使えば加工できます。何故硬質アルマイト仕上げをして研削仕上げをされるのでしょうか?

お礼

2002/04/29 17:29

有難うございます
アルミの軸/軸受で考えている部分がありますが、軸クリアランス310μ程度で、磨耗も考慮したとき硬質アルマイト及び研削加工は必要と考えております。

質問者
2002/04/29 15:08
回答No.1

CBN砥石を使えば加工できます。

お礼

2002/04/29 17:30

有難うございます。

質問者

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。