本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

締切済み
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:成形機の断熱について)

成形機の断熱について

2023/10/13 02:39

このQ&Aのポイント
  • 成形機からの発熱が工場内にこもっており、特に夏場は暑くなり困っています。
  • 射出筒に断熱シートを巻くことで、成形機の断熱改善が可能です。しかし、問題が生じる可能性もあります。
  • 断熱方法としては、断熱シートのほかに断熱塗料や断熱フォームなどがあります。適切な断熱材を選ぶことが重要です。
※ 以下は、質問の原文です

成形機の断熱について

2002/02/06 09:06

成形機からの発熱が工場内にこもっており、
特に夏場は暑くなり困っています。
そこで射出筒に断熱シートを巻こう考えています。
何か、問題はありますか?
また、良い断熱方法、断熱材など知りませんか?

回答 (6件中 1~5件目)

2002/02/14 13:41
回答No.6

シリンダージャケットと言う商品名で発売されています。
(オーダーメイドの断熱カバー)PAT142815

エルメック?
TEL048-810-5001

お礼

0002/11/30 00:00

具体的なご回答ありがとうございます。また、何か有りましたらよろしくお願いします。

質問者

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する
2002/02/13 13:58
回答No.5

具体的には剪断熱の発生の大きい材料はコンタミ等の要因になり実運転時スクリュー回転数を下げなければならない。ひいてはサイクルダウンと為りうる。よってパージ回数等の増加につながる。 又オレフィン系樹脂等でハイサイクル運転時材料の食い込みの低下等、数え上げればきりがありません。
 しかし省エネ効果は絶大です。加熱塔へ断熱材を巻き、空冷又は水冷にてこの剪断熱を放出すれば、解決できると思いますよ。
 名機製作所等のダイナメルタスクリューではスクリュー自体が剪断熱の利用を即す形状、構造を持っている為、空冷ブロアーが標準で付いていますし、材料のペレット製造用押し出し機等は殆どが水冷式銅パイプを巻き付けていますよ。

お礼

0002/11/30 00:00

ご回答ありがとうございます。大変参考になりました。

質問者
2002/02/10 19:41
回答No.4

nomuraさんが答えておられる事も正論と思います。
私も行った実績がありますので。
問題なのが温調制御じゃなくて、スクリュー回転によって発生する剪断熱での温度上昇なのです。特に廃サイクル運転時に、大問題となります。
これらの問題があり、成形機メーカー、押し出し機メーカーはこの省エネ部品の採用を行わなかったのです。

お礼

0002/11/30 00:00

ご回答、ありがとうございます。簡単には、適応出来ないようですね。作業者に、技術的な内容を理解させ、トラブルの対応も十分でなければ・・・と言う事になりますね。この手の作業標準は難しそうですねぇ。sugiさまへ、具体的にどのような問題があるのかわかれば教えていただけないでしょうか?お手数とは思われますが、よろしくお願いします。

質問者
2002/02/07 10:01
回答No.3

テープ状の耐熱材がありますのでそれを巻き付けて断熱材にすることが可能です。(車のエキマニに巻くやつとか・・・)
テープ状の物は射出筒に巻きやすく、センサー部分も簡単によけることが出来ます。(値段はそんなに安くは有りませんが)
幅や厚さは色々有ると思いますので合った物を選定できると思います。
おつきあいの有る商社の人に相談すればすぐに見つけてくれるはずです。
他の方法としては射出筒部を箱内に納めて、箱をグラスウール等で断熱する方法もあります。加工は大変ですが、メンテは楽だと思います。

お礼

0002/11/30 00:00

ご回答ありがとうございます。車のエキマニですか・・・nomuraさまと趣味がバッティングしてるかも知れませんね!?早速、見積りを取ってみます。参考になりました。

質問者
2002/02/06 22:30
回答No.2

現在の温調は予測制御出来ますのでオーバーシュートも時間とともに無くなってくると思います。(色々なパラメーター設定も出来ます。)
始動時間を十分に取れば温度制御は問題ないと思います。
あと、断熱する事によってヒーターの所用電力が下がることと、夏場の冷房費?の節約も断熱をしっかりすれば確実に可能です。

温度が上がりすぎた時の冷却が難くなりますのでご注意下さい。

ペレットを流し始めると一時的に温度が下がりますのでパラメーターを上手く設定しないとオーバーシュートが起きますので使いはじめは、十分に条件出ししてから使って下さい。(最近の温調は制御方法を細かく設定出来る様になっています。)

お礼

0002/11/30 00:00

nomuraさまへ、前回に引き続き、お早い回答ならびにアドバイスありがとうございます。参考になりました。温調のチューニングも少し経験があるのでチャレンジしたいと思います、また、社内の専門家に相談したところ、年間で100万円近いコストダウンにもなると言われ驚いています。あと、射出筒に巻きやすい断熱シートなどをご存知のおられましたらご回答お願いします。

質問者

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。