本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

締切済み
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:材料のピンホール)

材料のピンホールとは?めっき後の変色に対策はある?

2023/10/13 04:31

このQ&Aのポイント
  • 材料によってピンホールの過多は影響することがあるのでしょうか?SPCCのプレス品を亜鉛めっき加工している際、材料のピンホール部分から変色が起こっています。めっきが不良と言われていますが、めっき工程では材料にピンホールができることはありません。製品ロットごとに変化がある場合もあり、困っています。材料自体にばらつきはないのでしょうか?
  • 材料のピンホールは亜鉛めっき加工の際に問題を引き起こすことがありますか?SPCCのプレス品を亜鉛めっき加工している際、ピンホール部分から変色が発生しています。めっきが不良品だと言われていますが、めっき工程ではピンホールが発生することはありません。製品ロットごとに差がある場合もあり、対策が必要です。材料自体にはばらつきはないのでしょうか?
  • SPCCのプレス品を亜鉛めっき加工する際に、材料のピンホールが問題となることはありますか?亜鉛めっき加工後、材料のピンホール部分から変色が発生しています。めっきが不良だと言われていますが、めっき工程ではピンホールが発生しないはずです。製品ロットによってばらつきがあり、対策が必要です。材料自体はばらつきがないのでしょうか?
※ 以下は、質問の原文です

材料のピンホール

2003/11/25 07:43

材料によってピンホールの過多はへんかするものなのでしょうか?SPCCのプレス品を亜鉛めっき加工しているのですが、めっき後、材料のピンホール部分から変色が起こっています。めっきが悪いと言っていますが、めっきでは、材料にピンホールができる工程はありません。製品ロットによっては出ないものもあり、困っています。材料自体がばらつくことはないのでしょうか?また、対策はどうしたらよいでしょうか?

回答 (3件中 1~3件目)

2003/12/21 15:39
回答No.3

「ピンホール」の意味が不明です。ピンホールは、以下のどちらでしょうか?
1)材料の穴、
2)材料の欠陥部(非金属介在物)にめっきが付着しない(つまりめっきのピンホール)場合がある。

最近の材料は進歩しているため、1)項はの発生率は、かなり改善されていると思います。
SPCCには、Mn、C等が添加されているので、これらが2)項の非金属介在物となります。(さらにP、S、等の不純物も非金属介在物です)
非金属介在物を少なくするか、これらを微細にすれば、ピンホール発生は少なくなります。
(SPCC→SPCEに変更するのも、一案です)

材料の改善が不可なら、めっき前処理等にての対応が必要です。

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する
2003/11/29 09:24
回答No.2

まず、yukioさんの回答から、どんな内容か見てみようとしましたが、たどり着けませんでした。
もう少し、親切などうしたらたどり着けるかを書いた、回答をお願いしたいと思いました。

その回答も見ずに回答するのも変なのですか、ピンホールは材料ロットによって変化するのも確かですが、ピンホールの変色には、錆とオイルステインが原因と考えられます。多くの場合、すぐ錆を注目してしまいますが、オイルステインの場合が結構多いんです。
洗浄不足により、ピンホールにオイルが残り、これが酸化劣化した状態がオイルステインです。
先日もSUS301で同様の事象がありましたよ。
これ以降は、ノウハウになりますので、下記URLにご連絡をお願いします。

お礼

2003/11/29 15:08

回答ありがとうございます。
オイルステインという言葉をはじめて知りました。要するに、ピンホールの油が酸化劣化して表面皮膜が変色したということでしょうか?

質問者
2003/11/28 08:40
回答No.1

 このサイトの質問 「No.727 #3」の回答が参考になるかもしれません。

お礼

2003/11/29 15:09

あまり参考になりませんでした。

質問者

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。