本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

締切済み
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:溶接後の熱処理)

溶接後の熱処理と材質制約について

2023/10/13 05:18

このQ&Aのポイント
  • 溶接後には熱処理が必要な場合と必要ない場合があります。どのような基準でそれぞれが判断されるのでしょうか?
  • また、溶接できない材質にはどのような物があるのでしょうか?
  • 本記事では溶接後の熱処理と材質制約について詳しく解説します。
※ 以下は、質問の原文です

溶接後の熱処理

2003/11/07 11:19

溶接後に熱処理が要るものと要らないものはどの様に決まっているのですか?また、溶接できない材質はどのような物ですか?

回答 (3件中 1~3件目)

2003/11/12 15:32
回答No.3

熱処理というのは、「後熱」のことではないですか?
溶接によりその部位に焼が入り、硬くなってしまったものをなます役割のことをおっしゃりたいのではないですか?
後熱が要るOR要らないではなくて、「機能的に要る」OR「機能的に要らない」が、まず検討するところだと思います。

もし勘違いでしたら申し訳ない。

お礼

2003/11/12 15:39

ありがとう御座いました。なるほど、機能できめるのですか。勉強になりました。

質問者

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する
2003/11/07 17:10
回答No.2

プラスチックは出来ますね。(溶着とかで)

お礼

2003/11/07 18:16

ありがとう御座います。

質問者
2003/11/07 17:08
回答No.1

こんにちわ

<意地悪回答例>
・溶接後の熱処理がいるか要らないかを判断するのは設計者です。
熱処理を何の為におこなうか考えれば自ずと答えはでるはず。
・溶接できない素材はたくさん有ります。
たとえば紙・プラスチック

たくさん質問されているようですが、もっと具体的に質問しないとあなたのほしい回答はレスがつかないと思いますよ。(こんな事は言いたくないのですが)
意地悪したいわけではないですか回答しようがないです。

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。