本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

締切済み
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:磨耗)

磨耗の問題について

2023/10/13 13:21

このQ&Aのポイント
  • 磨耗の問題についての要約文1
  • 磨耗の問題についての要約文2
  • 磨耗の問題についての要約文3
※ 以下は、質問の原文です

磨耗

2003/01/03 07:59

お正月を利用して普段のモヤモヤを案件別に
質問させていただきます。

荷重1kg位で500回/分、上下運動のストッパーとして
ねじ棒(M4)と受け駒が衝突(点あたり)と繰り返します。

社内では「ユーザー先で磨耗が激しい」に対しひたすら
両者の焼入れ硬度を上げようとしていますが
力学的関係を保持した場合、やはりそこに行き着くのでしょうか?

硬い物が、打ち合っているので磨耗の関係は相対的
には替わらないような気がします。

以上よろしくおねがいします。

回答 (4件中 1~4件目)

2003/06/30 01:03
回答No.4

その後どうなったのでしょうか?
問題が解決したなら締め切りませんか?
それと結果を教えていただけると助かります。

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する
2003/01/06 15:32
回答No.3

接触部の温度が結構上昇していませんか。材質が良くわかりませんが、通常の焼入では高硬度を要求する場合には、150200℃程度の低温での焼戻しを施すために、使用中に接触部の温度が上がる場合には、焼戻しの状態になり、その温度に応じて軟化していきます。こういった場合には高温度下にさらされても軟化しないような、耐熱性のあるような熱処理を施すことが必要で、ハイス鋼や冷間ダイス鋼の高温焼戻し材がお奨めです。また、同じ鉄鋼材料の焼入材同士を高速で接触を繰り返すと、組織が同じ状態のため界面で凝着が起こりやすく、摩耗を促進する大きな要素となります。片方を焼入材・もう一方を窒化するとかで組み合わせを変えるのも効果的です。

2003/01/04 00:49
回答No.2

度々bigheartです。
『磨耗が激しい』とありますが本当に磨耗なのでしょうか?潰れている可能性は?
衝突面積を広くとることや減衰器などの付設は出来ないのでしょうか?
出来なのであれば硬くする以外に方法はないです。
但し上げ過ぎても割れるだけですが・・・
セラミックやダイヤモンドでも先端に付けて結果が駄目なら改造などに考え方を変えるのでは?
ご参考までに、

お礼

2003/01/04 09:11

私の職場では現場出身の設計者が主流で、設計出身?の設計者の私は異色です。

そんな環境下で自分の感覚に不安を覚える事ありますが
皆さんのお答えで「設計屋」の思考を再認識させて
いただき自信がもてます。

ひたすら硬くしていく策はやはり愚策です。
HRC50程度力学的条件をいじるのがベストですね

アドバイスありがとうございました。

質問者
2003/01/03 10:47
回答No.1

接触時間を長くさせるように減速させれば衝撃力は減少します。(衝撃力=運動エネルギー/時間)

スペース的な問題でM4しか使えないのでしょうか?

そうでなければ、ショックアブソーバーを取り付けたほうが良いと思いますが・・・

このストッパーは、位置精度が必要なものですか?

お礼

2003/01/04 09:30

ありがとうございます。

位置精度は必用です。
時間はタクトの関係で長く出来ませんが
何らかの物理的条件の変更をすべきですね

M4も最初は点あたりで初期磨耗を促進させている
と思われます。
面圧を改善する方向で検討してみます。

質問者

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。