本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

締切済み
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:G3131とG3193)

JIS規格のG3131とG3193の違いと使い分けについて

2023/10/13 13:32

このQ&Aのポイント
  • JIS規格のG3131とG3193は、厚さの許容差が異なりますが、どのように使い分けるべきか迷っていませんか?この記事では、G3131とG3193の違いと使い分けについて詳しく解説します。
  • G3131とG3193はJIS規格であり、金属の厚さに関する基準が定められています。しかし、それぞれの規格には厚さの許容差が異なるため、使い分けに注意が必要です。この記事では、G3131とG3193の違いと使い分けについて解説します。
  • JIS規格のG3131とG3193は、金属の厚さに関する基準が設定されていますが、その許容差が異なります。どのような場面でどちらを選ぶべきか悩んでいませんか?この記事では、G3131とG3193の違いと使い分けについて詳しく説明します。
※ 以下は、質問の原文です

G3131とG3193

2004/12/18 13:33

JISのG3131とG3193では厚さの許容差が違いますが、
使い分け方が良く分かりません。
詳しい方教えてください。

回答 (1件中 1~1件目)

2004/12/21 19:30
回答No.1

G3131は一般(私の周囲)に薄板とG3193は厚板と呼んでいます。前者は表面が綺麗です(外観性良好)が、後者は黒皮(黒い水酸化皮膜>メッキに不向き)です。前者は低い炭素含有が保証されていますので、曲げや絞りに適します。G3193は外観を要しない場合や切削加工の材料(厚板加工)として使用します。部品がプレスワークならG3131になります。一般(私の周囲)では板厚4以下はG3131(又はG3141), 板厚4.5,6,9・・・はG3193を使用します。

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。