本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

締切済み
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:INCO718のCrメッキのストリップ)

INCO718のCrメッキで起きた問題とは?

2023/10/13 17:44

このQ&Aのポイント
  • INCO718に硬質クロームメッキを施した後にクロームストリップを実施したところ、母材のメタルロスが発生しています。
  • 実験の結果、母材のみではメタルロスは発生せず、メッキを施したものだけがメタルロスしている状態です。
  • 同様の経験をされた方や解決策をご存知の方は、ご経験を共有いただけますと幸いです。
※ 以下は、質問の原文です

INCO718のCrメッキのストリップ

2004/09/15 01:58

INCO718に硬質クロームメッキを施した後に
クロームストリップを実施したところ
母材のメタルロスがありました。
何度か実験中なのですが母材のみではメタルロスせず
メッキを施したものだけがメタルロスしている状態です。もし同様の経験などありましたらご経験お聞かせ下さい

回答 (2件中 1~2件目)

2004/09/17 10:20
回答No.2

#1は軽率な回答でした。申し訳ありません。

もともと、INCONEL718がCrを18%含むものですから、めっきのクロムと素材側のクロムを区別して溶解することは出来ません。

可能性として、電流,電圧をモニタしながら剥離するといいのではないでしょうか。
溶解が生じている界面の材質の変化によって、その電位に変化が生じるはずなので。
SUS上のCrを電解式膜厚計で測定できないことと同じですが、全く電位差がないということではないですから。

補足

2004/09/22 02:44

アドバイスありがとうございます。
INCO718にクロムメッキを施したものと、INCO718母材を同様の条件ではく離工程を行ったところクロムメッキされたほうのみ溶解しています。
また、15-5ph材や17-4ph材などはこういう事象はまったく起きていません。NaOH水溶液のクロム酸の濃度も上がっていません。INCO材がまったく解けてしまうのではなく材料表面にスマットが出た状態になりぼそぼそになってる状態です。

質問者

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する
2004/09/16 09:01
回答No.1

塩酸でクロムめっき皮膜を剥離(溶解)させようとしたのでしょうか?

10wt.%程度の水酸化ナトリウム溶液中で、陽極電解を試してみてください。

補足

2004/09/17 02:07

水酸化ナトリウム溶液で行いました。通常の物はまったく問題なくクロムは溶解します。ちなみに6ボルトの電圧をかけて行っています。

質問者

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。