本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

締切済み
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:成形収縮率について)

成形収縮率の計算方法についての疑問

2023/10/13 22:25

このQ&Aのポイント
  • 射出成形金型の設計において、成形収縮率αの計算方法について疑問があります。
  • 金型の設定温度まで上がって成形しているにもかかわらず、金型の線膨張による伸びを考慮した収縮率の計算はどのように行うべきか迷っています。
  • 金型の設定温度時の寸法で計算すべきか、成形後の寸法で計算すべきか、アドバイスをいただきたいです。
※ 以下は、質問の原文です

成形収縮率について

2004/05/30 12:40

射出成形金型の設計において、成形収縮率αは、
α=(L0-L)/L0
α:成形収縮率/L0:金型寸法(mm)/
L:成形品寸法(mm)
で日頃計算しておりますが、私の疑問を聞いて
ください。
成形する金型は設定温度まであがって成形して
いるのに金型の線膨張による伸びを考慮すると
実際の収縮は、その金型の伸びを考慮して
上記L0は、金型設定温度時の寸法で計算すべき
かと思うのですが、いかがなものでしょうか?

誰かアドバイスお願いします。

回答 (5件中 1~5件目)

2004/06/01 18:48
回答No.5

形状、サイズ、肉厚、材質、成形条件、その他諸々の原因により、成形収縮率は重要ですが、それだけで成形品の寸法はすんなり出てくれません。 ±0.05の誤差なら、形状にもよりますが、気温が影響する場所にあるなら、季節によっても公差が外れることさえあるのですから。 金型自体も場所によっては温度が違うのですから、少し神経質になり過ぎているように感じられます。
±0.05の公差についておっしゃっていましたが、出来ない場合に、はっきり理由を付けて、出来ないとはっきり言ってくれる、お願いする方としてはそのほうがありがたいです。 そして後々問題点が出にくいのですよ。

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する
2004/05/31 09:39
回答No.4

私の場合、製品の公差幅に対し膨張率による変化量の差を計算し、十分満足できる場合は無視してます。

考え方としては、dora-kunさんの言われている事は
間違ってはいないと思いますが、あまりシビアに
考えすぎると無意味に高価な金型が出来上がってしまいますのでその点も考慮する必要がありかな?と思います。

ちなみに、弊社の半導体関係では必ずといっていいほど、係数をかけて設計されているようです。

お礼

2004/06/01 00:21

ありがとうございます。
下記様にちょっと厳しいスペックですので
ネライ値で悩んでます。
こういうときは、なやんでも仕方ないので
簡易成形して求めるのがよいのかもしれませんね?

質問者
2004/05/30 20:38
回答No.3

いろいろな考え方がありますが現場からみるとほとんど成型屋さんの経験値ですね。成型機や成型条件によっても変化しますから上手い成型屋さんは収縮の数字も的確に指示します。型の作り方でもちがいますからこのっへんは型やのノウハウですね。

基本は材料メーカーがテストピースで出してますよ。

お礼

2004/06/01 00:17

確かに経験値って大事ですよね!
今のネライはほとんど過去の実績をもとに
計算しておりますが、その計算にあまり
金属の線膨張を考慮してなかったものですから・・・。
理論的には、定義されている様に金属の線膨張は
考えなくても良いのでしょうか?
謎が謎をよんでます(^_^;)

質問者
2004/05/30 17:58
回答No.2

プラ型屋です、
確かに金型の膨張のことは考えていません。
多分、金属の膨張よりも樹脂の収縮のばらつき
のほうが大きいので問題にならないのだとおもいます

金型を20℃で作って、成形が70℃とすると50度
あがります、100mmで0.05mm膨張すると
思われます、ABSの収縮が5/1000であれば
100.5ですから誤差の範囲でしょう、
PPのように収縮が大きければ誤差はもっと
大きくなるとおもいます。、

お礼

2004/06/01 00:14

アドバイスありがとうございます。
金属の膨張は樹脂よりもかなり小さいのですが
でかいサイズの金属での成形ではちょっと
変動が大きいので困ってます。
今の公差が±0.05と厳しいのでちょっと無視す
ることが厳しくなってます。

質問者
2004/05/30 15:57
回答No.1

金型に関して知識は、ないのですが、成形収縮率は?と聞かれると私は、成形部品のある一定温度の最小値と最大値における長さの比率を表す言語ような気がします。
よって、
 ?成形材質の収縮率=Z
 ?金型材質の収縮率=Y
 ?Z-Yもしくは、Y-Z=金型と成形品の差?
  (Z,Y)=(A-B)/A
  :(A=最大温度における長さ
    B=最小温度における長さ)
尚、ある温度範囲において。
 ?Z/(ある温度範囲)=単位温度当たりの収縮
 ?Y/(ある温度範囲)=単位温度当たりの収縮
 ?((Z-Y)、(Y-Z))/(ある温度範囲)=金型と成形品の単位温度当たりの収縮。
と私は思いますが。

お礼

2004/06/01 00:10

ご丁寧にありがとうございます。
明日にでもちょっと実例を挙げて計算してみます。

質問者

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。