サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

締切済み
困ってます

ダイカスト業界の方 流動及び凝固解析

2007/03/30 09:56

 流動および凝固解析の導入を検討しております。
よきアドバイス、実務的な情報を教えて頂きたく思います。
投稿内容がサイト運営趣旨と異なるかと思いますが、かけだしの初心者と
してお見逃しいただきますようお願い申し上げます。

回答 (1件中 1~1件目)

2007/07/22 01:48
回答No.1

流動解析導入を検討されている様ですが、導入した後の使い方が重要です。
私どもが導入した解析ソフトは「アドステファン」でしたが、導入後使い方が
問題となります。
使う人は、鋳造、金型に対して知識が有る人(ベテラン)をサブに置き、
解析を行う人は、パソコンなど知識が有る人がやって行く。
解析を行う意図として、今まで、感と経験で金型のランナー、ゲート
ガス抜きを決定していた物を、流動解析を使い有る程度間違いの無い
金型を制作し、トライ回数を減らす目的で有ると考えます。(真の目的)
しかし、現実はゲート断面積とオーバーフロー位置を決定しただけで流動解析を
行い、「大きな間違いが無い」などと言って金型を製作してしまう。
流動解析で金属を流す設定も、キャビティー内が真空状態で行う物ですから
すべて、綺麗に製品が鋳込まれてしまいます。
その様な解析で金型を製作してしまいますから、出来て来た金型は
悲惨な湯流れで、不良率も高い金型に成ってしまいます。
最初に上げた「鋳造、金型に知識が有る人(ベテラン)をサブに付けて」が有りましたが
その人と一緒に流動解析を行い、鋳造条件、金型温度、ガスの抜け具合など
あらゆる条件を入れて解析をして、金型を制作し、試作を行い、問題点を金型を
製作した時の流動解析にインプットして行く。
データーの蓄積が必要です。2年程度繰り返すと、かなり良い確率でベテラン抜きで
金型が出来て行きます。

非常に高価な買い物(800万円くらいかな?)な為、上記の様な体制が
出来るか?を先に検討すべきだと思います。
当社に対して、導入前にきっちり上記の様な決めが無かったものですから、
製品図を書いた後、適当に流動解析を行い、客先との金型方案に決定に使います。
すべて、綺麗に湯が回っている為、客先はokサインをくれます。(間違った使い方です)

しかし、どんなに条件を蓄積して行っても、万能では有りませんよ

お礼

 ご回答ありがとうございました。導入した後の使い方が重要との事で、
慎重に検討致します。
 当方の目的は、技術者の育成が追いついてないから、頼ろうとしておりました。
 貴重なアドバイスありがとうございました。

2007/11/01 23:33

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する

関連するQ&A

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。