本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

締切済み
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:DC/DCコンバータについて)

DC/DCコンバータの方式の違いについて

2023/10/16 16:32

このQ&Aのポイント
  • DC/DCコンバータの方式にはInverted Buck conv方式とFly cap方式があります。
  • Inverted Buck conv方式は、入力電圧を短時間に増加させて高電圧を生成する方式であり、Fly cap方式はコンデンサを使用して電圧を蓄え、必要な時に放電する方式です。
  • Inverted Buck conv方式は出力の安定性に優れており、高電圧を必要とするアプリケーションに適しています。一方、Fly cap方式は出力の精度が高く、低電圧を必要とするアプリケーションに適しています。
※ 以下は、質問の原文です

DC/DCコンバータについて

2008/01/09 14:04

 DC/DCコンバータ関連で
 
 Inverted Buck conv方式
 Fly cap方式

 のそれぞれの方式の違いについて教えて下さい。

回答 (2件中 1~2件目)

2008/01/10 07:51
回答No.2

ご回答頂きどうもありがとうございました。

Inverted Buck convとFly capは効率の観点で対比的な記載だった
と思います。
ご紹介頂いた種類のDC/DCコンバータはチャージポンプとは
異なりますか(コイルがあるからそれ以外のコンバータ
という理解で宜しいですかね)?

ご紹介頂いた分類に関して特質(応答性,効率,使用できる
電流電圧,ノイズ)を教えて頂けますと有り難いのですが。

それと,この手の内容を参照できる,書籍とかHP等ありましたら
ご紹介頂けないでしょうか?

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する
2008/01/09 20:16
回答No.1

能動スイチング素子1個,受動スイッチング素子(ダイオード)1個,コイル+コンデンサ=3個の組み合わせでできるDC/CDコンバータ回路方式は,以下の4方式と思います。(入出力がトランスで分離されていない回路方式において)
 (1)buck:降圧形
 (2)buck-boost:昇降圧形
 (3)boost:昇圧形
 (4)Cuk:チュークコンバータ(昇降圧形の逆回路)
回路図が簡単に示せれば説明しやすいのですが・・・・・。
 Inverted Buck convは,(1)の変形形
 Fly capは(4)そのものと思いますが,ご質問の用語だけでは確定できないように思います。もう少しヒントをください。

(1)buck:降圧形
(2)buck-boost:昇降圧形
(3)boost:昇圧形
(4)Cuk:チュークコンバータ(昇降圧形の逆回路)

(1)は入力電圧と出力電圧が同極性で,出力電圧の方が必ず低くなる。
(2)は入力電圧と出力電圧が逆極性で,入出力電圧の高低は任意に設定可能。
(3)は入力電圧と出力電圧が同極性で,出力電圧の方が必ず高くなる。
(4)は入力電圧と出力電圧が逆極性で,入出力電圧の高低は任意に設定可能。

(2)と(4)の違いは,
(2)がコンデンサ2個とコイル1個
(4)はコンデンサ1個とコイル2個

(1)と(3)は
ともにコンデンサ2個とコイル1個だけれども
スイッチ素子とダイオードの接続が異なる。

お礼

2008/01/10 07:52

ご回答頂きどうもありがとうございました。

Inverted Buck convとFly capは効率の観点で対比的な記載だった
と思います。
ご紹介頂いた種類のDC/DCコンバータはチャージポンプとは
異なりますか(コイルがあるからそれ以外のコンバータ
という理解で宜しいですかね)?

ご紹介頂いた分類に関して特質(応答性,効率,使用できる
電流電圧,ノイズ)を教えて頂けますと有り難いのですが。

それと,この手の内容を参照できる,書籍とかHP等ありましたら
ご紹介頂けないでしょうか?

質問者

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。