サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

締切済み
困ってます

軸方向に動かす継ぎ手を探しています。

2009/12/07 12:03

カップリングのようにフレキシブルに動き、軸方向に動かせる継ぎ手を探しています。

リンクボールのような物が欲しいのですが、振り幅が0.2度前後と少ないので、オイル切れ等の問題で使用できそうにありません。

ご存知の方は、居られませんでしょうか。

使用条件が足りていませんでした。

・最高速度:秒間100回
・最大ストローク:5mm
・精度は、ミクロンオーダー(一連の動作で)
・重荷重

回答 (4件中 1~4件目)

2009/12/09 17:24
回答No.4

追記の条件で なんとなく要望が見えてきた。

エンジンのピストンとコンロッドみたいなイメージか?
車屋さんはピストン運動を連想するだろうし
機械屋は研削盤などのトラバース運動かオシレーションを想像するはず。
100回/秒なら構造的には「オシレーション」では?

この様な場合はロッドエンドや球面軸受だと思うが・・・・
※リンクボールとは片受けか両受けが可能かの違いだが

潤滑は「オイルバス」「強制潤滑」などで どうにかなりそう。

重荷重とあるがスライドや重心との絡みでどの位置で締結するかがポイント

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する
2009/12/09 13:39
回答No.3

既に検討されているかもしれませんが,スプリング式のたわみ継ぎ手や樹脂
ゴムを介したフレキシブルジョイントは如何ですか?
重荷重とありますが,どれ位を想定されているのでしょう。

お礼

御回答、ありがとうございます。

・スプリング式のたわみ継ぎ手や樹脂ゴムを介したフレキシブルジョイント
押しのみでしたら許容できそうでしたが、引きがあるので使用できませんでした。

荷重値ですが、500Nを想定しています。

2009/12/09 16:07

2009/12/07 19:37
回答No.2

振り幅が0.2度前後なら、標準部品のミスミさんにパーツがあります。
エアシリンダのメーカーが出しているフローティングジョイントでは、スペースが大きい
場合等に良く使用される物です。
そのパーツとリンクボールを組み合わせて使用するのは如何でしょうか?

一番良いのは、THKさんのスプライン軸受けとリンクボールの組み合わせでしょう。
ガタが小さくなる理由からです。

ある自動車メーカーがFF車を出すにあたって、等速ボールジョイントをベアリングメーカーから
購入するのと併行して、ヨーロッパの自動車メーカーから技術供与を得て内製化するプロジェクト
に25年程前に参加した事があります。
国内のFF車先行メーカーは、ユニバーサルジョイントみたいな物も使用していましたが、やはり
効率等で等速ボールジョイントになったんだと思います。
さて、その等速ボールジョイントはジョイントと軸はスプラインとなっていて、長手方向がある
程度自由に伸び縮みができる構造になっています。
ジョイントをユニバーサルにするか、等速ボールにするかは貴殿が決定し、軸にはスプラインを
使用すると良いでしょう。
又は、有名なベアリングメーカーに、等速ボールジョイントはカタログ外で無いかと確認すれば
カタログ外の製品を売ってくれるかと思います。
一度、確認してみて下さい。

等速ボールジョイントや等速ジョイントで一度検索し、内容確認してみて下さい。
スプライン付きの購入品があればOKですが、なければTHKさん等の製品を使用してみて
下さい。

カタログ外の製品もあるので、根気強くメーカーに確認して、貴殿の仕様にマッチした
製品を入手して下さい。

お礼

御回答、ありがとうございます。

・ミスミの製品
動作が押し引きで精度が必要な為、使えませんでした。


・THKのリンクボール
すでに検討はしていたのですが、性能について問い合わせてみたところ使用環境に対して精度と強度に保障しかねるとのことでしたので、保留となっております。

2009/12/08 18:55

2009/12/07 14:55
回答No.1

大きさが判らないので適用できるかは不明ですが、エアシリンダーメーカーが出している、フローティングジョイントなどは如何でしょうか?
(SMC、コガネイ等)
また、ユニバーサルジョイント式の軸継手ならば、ある程度対応可能では無いでしょうか?
参考までに
酒井製作所 精密補正軸継手
http://www.sakai-mfg.com/coupling.html
三好キカイ
http://www.miyoshikikai.co.jp/

お礼

御回答、ありがとうございます。

・フローティングジョイント
押し引きの動作で精度が足りているか、高速の連続動作が可能か検証してみます。

・ユニバーサルジョイント式の軸継手
強度と精度の都合上、断念しました。

2009/12/08 18:38

関連するQ&A

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。