本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

締切済み
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:自動結線における疑問)

自動結線における疑問

2023/10/17 16:53

このQ&Aのポイント
  • 自動結線について疑問があります。手動の結線ではワークがきり落ちた場合にM00を入れてチェックしてから次の位置に移動しますが、自動結線ではこのチェックはどのように行われるのでしょうか?
  • 自動結線についての疑問です。手動の結線ではワークがかんでいないかなどをチェックしてから次の位置に移動させますが、自動結線ではこのチェックはどのように行われるのでしょうか?
  • 自動結線に関する疑問です。手動の結線ではワークがかみこんでいないかなどのチェックを行ってから次の位置に移動しますが、自動結線ではこのチェックはどのように行われるのでしょうか?
※ 以下は、質問の原文です

自動結線における疑問

2009/04/25 06:33

自動結線ですが、疑問があります。

手動の結線ならワークがきり落ちたところでM00
を入れ

落ちたワークがかんでいないかなどをチェックしてから次の位置へ移動
させ手動で結線しますが、

自動結線だとこのワークがかみこんでいないかなどのチェックは
どのようにするのでしょうか?

教えていただけないでしょうか?

回答 (3件中 1~3件目)

2009/05/18 15:14
回答No.3

切り落としが途中にある場合は、ワークの咬み込みの確認は必須です。
先の回答にもあるように、切り残しを使用するしかないでしょうね。

最終的には切り落としをしなくてはいけないので、その際のワーク咬み込みチェックは宿命ですね。
M00やM01で停止させてやる必要がありますね。

そうした場合の自動結線の意味ですが、単純に楽でしょ?
ワークを取り除いてボタンを押せば、次の加工位置まで移動して自動結線してくれる。
人の行動が?ワークを取る?ボタンを押すの2つだけですよね。

自動結線を手動ししていたとしたら。

?ワークを取る
?ボタンを押す(次の加工位置まで移動)
?ワイヤー線をつなげる
?Zを加工位置まで下げる(結線の際に、ノズルを上げる事が多いので)
?加工開始のボタンを押す

と人の行動が多くなります。
それを避けるためと考えてみればどうでしょうか。

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する
2009/05/07 10:28
回答No.2

自動結線機能をどのように活用するかは、使用者の裁量と加工の状況によるので一概に言えないのですが、以下に弊社の方法を参考までに。

主に多数個取りをする時に重宝しますが、例えばプレス金型のダイスを加工する場合、0.5mm以下程度切り残すようにして、1stカットを行ないます。
このとき自動結線ですと全ての1stカットが終わるまで機械は一時停止せず加工してくれます。

次に、ハンマーで中子を叩き落すか、機械の切り落とし工程を使って中子を取り除きます。このときは手作業でワーク(中子)がかみこまないか、きちんと落ちているかをチェックします。

それが終わったら、2nd、3rdカットに行きますが、このときも自動結線があれば、この後全て加工が終わるまで人の手は必要ありません。

上記は一例で、加工形態によって応用方法もさまざまです。

切り落とし時は手動結線でも自動結線でも人の目と手によって助力を加えなければばりません。
言ってみればワイヤーカットによる加工で最も工夫すべき点の一つではないかと思いますが、自動結線のある機械ですと、その幅が広がります。

基本的にワイヤーカット機は無人機ですから、できるだけ人手がかからないようにしてこそ真価が発揮されます。そのための自動結線機能と理解されるのがいいと思います。

補足に書かれている内容については、ワイヤーカット機の仕様、また使用されるCAMによって変わってくるのでなんともいえないんですが…。

弊社はSo社を使用しており、CAMは機械付属の物(純正?)のみです。

>残しを作って、きり落ちないようにするわけですね?
>人間がついてから残りのきり落としをするわけですね?

はい、弊社ではそう行なってます。付属のCAMにも「切り残し代」を設定できるようになっておりますので、なんの疑問もなく使っておりました。

>終わったら残りの切り落としだけ多数個連続で落としていくプログラムをいれるのでしょうか?

これも付属CAMで「切り落とし」工程を自動で入れてくれるので、別途プログラムを準備する必要はありませんでした。

>そうすると2ndや3ndは夜の間には無理で、ほったらかしでできるのは1STカットのきりおとし前まででしょうか?

これも加工順序にいろいろな方法があり、「切り残ししたままで1st→2nd……切り落とし(まとめて)→切り落とし部分のみの2nd→3rd……」という工程もあります。これですと「放ったらかし」時間をできる限り長く取ることができます。人手が必要なのは、ほんとに最後のみというように。


だがしかし、疑問とされているところは、機械の機能やCAMの機能に頼るところ、または加工者の創意工夫の部分です。
後者はともかく前者の部分は、メーカーや出入りの機会商社さんにお聞きになるのが良いかと思います。
また、機械の展示会等を積極的に利用してみるのも手です。

コンプレッサーは稼動させてます。
オイル切れは普段のメンテで切れないようにすることはそれこそ必須です。

ワイヤーカットのように長時間稼動する機械は、就業時間外に動かしてこそ利益を生むものです。(大手の会社さんはどうか知りませんが)
ワイヤーカットをいかに効率良く稼動させるか、またそれによって発生するさまざまな問題(電磁波、既述のコンプレッサーの問題、騒音etc.)をどのように解決するかもまた重要なことです。

それは各会社によって方針はまちまちですし、したくてもできない場合もあるでしょう。
個々の問題については過去の質問を一読されればかなりの意見もあるでしょうし、やはりメーカーに聞くのが一番かと思われます。
わい様がどのような業種に従事おられるかはわかりませんが、いちど同業者の方にお話しを伺ってみてはどうでしょう。ご自身でそのようなつながりがなければ、上役(社長でしょうか?)に相談されては?
部下からの積極的な話は諸手を挙げて聞いてくれるでしょうし、同業の方も案外いろいろ教えてくれます。
もちろん「教えて、教えて!」ではダメですから、「上手く聞き出す」方法は自分で考えてみてください。一つヒントを出すとすれば「こちらから答えを問い掛ける」です(ほとんど答えですが)。

その方が、ここでひとつひとつ質問して回答を得るより早いですし、正確です。

補足

2009/05/10 18:57

ありがとうございます。
では

ワークがきり落ちる瞬間は人間がみていないといけない。
それは自動にはならない。

だからきり落ちないように1STカットでは
残しを作って、きり落ちないようにするわけですね?

人間がついてから残りのきり落としをするわけですね?

そうすると1STカットきりのこしありでいくつか残った状態で


終わったら残りの切り落としだけ多数個連続で落としていくプログラム
をいれるのでしょうか?
人間が常にみているところの。

そうすると2ndや3ndは

夜の間には無理で、ほったらかしでできるのは1STカットの

きりおとし前まででしょうか?

ありがとうございます。

今の機械はエアーが切れると、機械が動かなくなるのですが、

そうすると夜帰るときもコンプレッサーを動かしたままでないと
いけないことになりますが、

コンプレッサーってオイルが切れていたら熱をもって
火災の原因になる可能性もあるのですよね?
自動結線の機械はエアーが必須のようですが、
 そこらへんはどのように考えられているのでしょうか?

ありがとうございます。
コンプレッサーはオイルが切れてないかしっかり確認するのですね。

相談方法の件ありがとうございます。

質問者
2009/04/25 12:37
回答No.1

手動結線のときとおなじです
人間が判断することに変わりありません

補足

2009/04/26 17:03

ありがとうございます。

自動結線がついている機械でも

切り落とされたところで、M00などをいれ
機械を止め人間がみるということでしょうか?

そうすると自動結線の意味は何でしょうか?

すべての切り落としの穴を繋がった常態にしておいて途中まで仕上げて
人間がついてから最後切り落としを人がみながら
すべての穴で行っていくのでしょうか?

質問者

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。