本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

締切済み
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:医療機器鋼製小物、持ち手色掛けについて)

医療機器鋼製小物、持ち手色掛けについて

2023/10/17 21:43

このQ&Aのポイント
  • 医療機器鋼製小物の持ち手に行われる色掛けについての質問です。鋼製小物の刃先に加工をする際、持ち手部分に色を付けることがありますが、この慣習はいつ頃から行われているのでしょうか。また、法的な取り決めがあるのか、他にも色掛けをする事例はあるのかなども知りたいです。
  • 医療機器の鋼製小物において、持ち手部分に色を付けることがあります。この慣習は、製作者の側の区別のために行われているのか、それとも法的な取り決めがあるのか知りたいです。また、いつ頃からこの慣習が始まったのかや、他の加工品においても色掛けが行われる事例があるのか気になります。
  • 医療機器の鋼製小物では、刃先にダイヤモンドチップなどの加工をする際、持ち手部分に色を付けることがあります。この色掛けは、製作者の区別や法的な取り決めによるものなのか、それとも他に理由があるのか気になります。また、色を付ける慣習はどれくらいの期間続いており、他の産業でも同様の慣習が行われているのか調査したいです。
※ 以下は、質問の原文です

医療機器鋼製小物、持ち手色掛けについて

2009/01/23 12:29

医療機器の中で、いわゆる鋼製小物と言われる製品に関しての質問です。

以前に居た町工場的なところで、
刃先にダイヤモンドチップなどの加工をすると、
区別のために、持ち手部分に色掛けをするのだと、教わりました。

刃先に加工=色掛けは、
・製作者の側の区別のための慣習が、踏襲されているのか
・いつ頃からの、習慣/慣習なのか
・法的な取り決めがあっての、区別のための色掛けなのか
(法的な取り決めがあるのなら、通達番号などが具体的にわかると、
尚有難いです)
・その他に、色掛けをする事例があるか

など、刃先に加工=色掛けに関することなら、何でも結構です。
参考URLも、引き続き探していますが、
お分かりの方、宜しくご教示下さい。

回答 (1件中 1~1件目)

2009/01/29 19:48
回答No.1

刃物に関しては、良く判りませんが、
物作りの工程で、外観では工程の進捗が判らない場合に、
色を付けて進捗工程を表す場合があります。
また、外観では識別し難い種別でも使用されます。
例えば、正の字を描く事も識別になりますが、誤記や誤読が起き易い
欠点があるので、色の識別を採用する例が多々あります。

そして、医療では、点滴用の薬袋は、色でも識別ができ、
* 薬の名称で確認し、チェックする
* 色の配色で確認し、チェックする
* バーコードで確認し、チェックする
* 接続のコネクターの種類で、異種類薬は接続できなくする
等々の3重・4重の確認ができるようにしています。
その横展開(水平展開)かもしれません。
あまり、役に立てなく御免なさい。

お礼

2009/01/30 10:11

アフターユー様

ご回答、有難うございます。
考えられる限りのキーワードや、その組み合わせで、
各メーカーのHPの製品紹介を見つくして、
万策尽きはてた感があり、困り果てておりました。

医療機器ではなく、医療の薬系の方面からも、
考えてみれば良いのかと、
目が開かれる思いがしました。

大変、助かりました。

ありがとうございます。

質問者

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。