本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

締切済み
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:プレス加工材料の公差)

プレス加工材料の公差について

2023/10/18 02:52

このQ&Aのポイント
  • プレス製品の管理寸法は日々厳しくなり、材料の公差についても注目されています。材質や材料厚によっても異なる公差がありますが、限られた範囲で絞り込まれています。
  • 材料メーカーの技術力や装置の限界により、一部の公差は難しいとされています。しかし、個人的な要望としては、0.1以下の材料に対しては±0.002以下の公差を、0.1以上の材料に対しては±0.005~0.010の公差を希望しています。
  • また、金型の設計によって材料板厚変動に左右されない加工が可能となる場合もあります。材料の見直しも検討することで加工品質の向上が期待できます。
※ 以下は、質問の原文です

プレス加工材料の公差

2010/08/01 21:45

プレス製品も日々進化し、管理寸法も厳しくなってきています。
そこでお聞きしたいのですが、材料の公差は今、どこまで絞れるのでしょうか?
材質(黄銅・りん青銅)によっても違うとは思いますし、材料厚によっても違うと認識はしています。聞けば、「材料メーカーが作れないから仕方ない」と言われる始末。本当に作れないのでしょうか?作れないなら、なぜ作れないかが疑問です。
個人的には、0.1以下の材料であれば±0.002以下。0.1以上であれば±0.005~0.010の公差で作って欲しいと思っています。
材料板厚変動に左右されない金型ができればいいのですが、素材を見直すのも有効かと思い投稿させていただきました。
宜しくお願いします。

回答 (1件中 1~1件目)

2010/08/01 23:22
回答No.1

>0.1以下の材料であれば±0.002以下。0.1以上であれば±0.005~0.010の公差

出来ると言って差支えないようです。
伸銅メーカはやりたがらなくとも、箔メーカは一般仕様でそのぐらい、特別仕様になると半値を標榜している。

やや内容が異なるが SPCC で下例とほぼ同じことを経験しました。
  JIS公差:±0.06 実際は半値で0/-0.06
  特別仕様:さらに上記の半値0/-0.03 ランク分けして納入0/-0.01
       それに応じて金型の曲げ部分を調整すればほとんど100%合格

発注先が某有力メーカだったので価格交渉力が強く、このような特別仕様でも市況レベルと変わらないとのこと。

この交渉力を得ることが仲々やっかいだと思いますが

お礼

2010/08/03 11:31

情報ありがとうございます。
価格が安い高いは置いといて、出きる出来ないがわかれば、自然にできることが普通と言うことが結構ありますよね。
金型をいくらμ管理したとしても限界があり、製品をμ管理する上で素材のμ管理も絶対必要条件だと思っています。

高精度板厚加工例も非常に興味深いものでした。つい先日、自分なりにまとめ報告したのですが実験データではなく、推測したものでした。推測に間違いはなかったと確認できました。

質問者

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。