本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

締切済み

切削液の温度

2010/02/06 13:38

切削液の温度を下記の条件下で21℃まで下げたいの
ですが何か良い方法はありますでしょうか?
 ?現状の切削液の温度=26~27℃
 ?加工機の設置場所=屋内
 ?屋内温度=28~29℃
 ?エアコン等屋内温度を下げる設備は無い
 ?切削液=水溶性(エマルジョン)
 ?クーラントタンク容量=100リットル
 ?温度を下げる為に切削液の濃度を薄くする事は
  したくない

大掛かりな設備は使用せずに、直に安価で対応したいのですが
何か良い方法は無いでしょうか?

回答 (4件中 1~4件目)

2010/02/22 20:23
回答No.4

タンクを大きくする。(ダーティに入ってからツールに供給するまでを、8分後に設定する。)


水道のホースの応用を提案されていますが、ズバリでしょう。

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する
2010/02/09 08:22
回答No.3

長いホースを買って来て、水道の蛇口からタンクの中にぐるぐるにホースを入れて、最後に外の側溝に流すようにして、水を流して見てください。
水の温度にもよりますが、間違えなく、液温を下げてくれますので、加工性と刃持ちの向上が期待できます。
できるだけ細いホースをできるだけ長くタンクへ入れるのがポイントかと思われます。
タンク内の掃除が大変なのを除けば、安価で解決できるかと思われます。

2010/02/08 08:17
回答No.2

「簡便で安価なもの」ならば、観賞魚用の温調装置はいかがでしょう、海水対応のタイプもあるので、若干の耐薬品性も持ち合わせていると思われます(実際採用しいているわけではないので、経験値ではありませんが)
観賞魚専門店でお探しになってみると良いと思われます。また、この手のお店は、同じ商品でも、販売店により、かなり値段に差がありますので、ご注意下さい・・・あまり参考にはならないね・・・

2010/02/06 14:34
回答No.1

>大掛かりな設備は使用せずに
車のラジエータみたいな方法が考えられますが、温度のコントロール
が難しそうです。

手っ取り早いのは、やはりクーラント温調装置
http://www.kantoseiki.co.jp/product/oilmatic/index.html
→機体温調、クーラント温調用
でしょう。

クーラント回路の途中に接続するタイプやクーラントタンクに浸潤
させるタイプがあります。

余談ですが、室温マイナス7℃までクーラント温度を下げると、機械
内部の熱変位に悪影響が出るかもしれませんのでご注意下さい。
(機械ベッドなどの筐体の温度にあわせてクーラントを温調する
ことが一般的です)

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。