本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

締切済み
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:配管材質による配管詰まりについて)

配管材質の影響による配管詰まりのメカニズムと亜鉛メッキ鋼管の特性

2023/10/18 11:34

このQ&Aのポイント
  • 配管材質によって起こる配管詰まりのメカニズムとは何かについて説明します。
  • 銅などの材質ではカルキの堆積が起こらず、亜鉛メッキ鋼管でも同様の現象が発生しないのかについて疑問があります。
  • アルミと亜鉛の材質の違いが配管詰まりの発生にどのような影響を与えるのかについて考察します。
※ 以下は、質問の原文です

配管材質による配管詰まりについて

2011/12/12 17:43

教えてください。

とある設備の配管でアルミ製配管を使っていたところ、配管内部にカルキのようなものが溜まり配管詰まりを(数年を掛けて)起こしたとのことでした。この配管には工業用水を流しています。
対策としては、配管の材質を銅、真鍮、SUSなどに変更すると、このカルキの堆積は無くなりました。

そこで質問なのですが、3点あります。
?アルミ製配管だとカルキ分が堆積してしまう理由・メカニズムはどういうことなのでしょうか?

?銅などでは堆積しないということは、イオン化傾向の話になるのでしょうか?その場合、亜鉛メッキ鋼管では、このようなカルキ分の堆積というのは発生するのでしょうか?

?亜鉛メッキ鋼管は、一般的に使われているので、こういった堆積は見られないのではないかと予想しているのですが、仮に亜鉛では発生しない場合に、アルミと亜鉛の違いはどういうことになるのでしょうか?

以上、推定も混じっていますので、事実と異なるかもしれませんが、メカニズムが知りたいです。
よろしくお願いします。

ご回答ありがとうございました。

会社に詳しい人がいましたので、?に関しては解決いたしました。

??は自分で実験して確かめたいと思います。

お手数おかけしました。ありがとうございました。

回答 (3件中 1~3件目)

2011/12/13 10:05
回答No.3

原因を知るためには堆積物の分析、水質の分析は不可欠かと。
水の配管にアルミを使った例を知らないので推測ですが、アルミが腐食して水酸化アルミニウムになったのでは?

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する
2011/12/13 09:21
回答No.2

カルキは次亜塩素酸カルシュームですから、堆積分離すると次亜塩素酸と
カルシュームが生じます。前者は弱アルカリ、白い堆積物はカルシューム化合
物と思われます。
(参考)
http://okwave.jp/qa/q4010499.html

2011/12/12 22:37
回答No.1

???とも、現状の提示条件では確定しない気がします。

あて推量になってしまいますが、堆積物は石灰だと仮定して
ご存知のようにアルミはアルカリにも溶け易いので
結晶の成長核が出来易いんじゃないかな。
 

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。