本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

ベストアンサー
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:ネジを傷つけずにドライブケレー代わりにする…)

ネジを傷つけずにドライブケレー代わりにする方法

2023/10/18 18:27

このQ&Aのポイント
  • 円盤状の製品を旋盤で加工する際、加工径に対するチャッククランプ径が小さいため、切削抵抗に負けて滑ってしまうことが問題となっています。
  • 取代や送りで切削抵抗を下げることはできず、回転数も上げれません。
  • そこで、製品についている雄ネジをドライブケレー代わりにする方法を考えていますが、ネジ山潰れなどが問題となります。傷をつけずにドライブケレー代わりにできる方法はあるでしょうか?
※ 以下は、質問の原文です

ネジを傷つけずにドライブケレー代わりにする…

2011/03/08 18:34

ネジを傷つけずにドライブケレー代わりにする方法

質問させてください。
円盤状の製品を旋盤で加工するにあたり、加工径に対しチャッククランプ径が小さいために、切削抵抗に負けて滑ってしまいます。
取代や送りで切削抵抗を下げることは、マシンサイクルが長くなるのでできません。
(回転数は上限いっぱいで上げれません)
チャック圧を上げると、製品が変形したり打痕など不良品になります。
チャック長さは製品形状側が短いのでどうにも出来ません。

そこで、製品についている雄ネジ(M10並目-長さ15mm-材質 S45C)をドライブケレー代わりに使うことを考えておりますが、なんせネジなのでネジ山潰れなどが問題になってきます。
切削抵抗と実際に滑るトルクから計算すると、ネジにかかる荷重は約50kg。
雄ネジは数本立っておりますが、位置度の関係を考えると実際1本しか効かないと考え、傷をつけずにドライブケレー代わりに出来る方法ないでしょうか?

加工サイクル上ナットを付けるなどはできないため、挟み込んでなんとか...と考えておりますが...。

みなさんの知恵をお貸しください。

質問者が選んだベストアンサー

ベストアンサー
2011/03/08 19:31
回答No.1

お悩みのこととは存じますが、文面上、出来ない出来ないと並べても仕方の無いことでは?

やってみるしかないでしょう。ダメならイヤでも切削条件下げるしかない。

>M10並目-長さ15mm-材質 S45C ← ネジにかかる荷重は約50kg

許容応力の1/2以下で余裕。その根元が弱いかもしれないが

それに1本しか使えないことはないはずです。
負荷が均等になるようケレーに相当する部材の当たり具合をネジで調整できるようにすればよい。3本以上は効果も怪しくなってくるけど。

>ネジを傷つけずに

ナット使って緩衝できるはずですが、、または銅、アルミの板を巻き付ける ~t1。

ケレー(に匹敵するもの)は回転力には抵抗するが、押す力は支えてくれません。この対策は別途検討しておかないといけません。できない時は条件落とさないとダメです。

>加工サイクル上ナットを付けるなどはできない

RBTを付けた自動化の進んだ機械ですか?
それなら無理ではないですか。付加設備付けるとか予め人手で着脱することをしないかぎり
扱い易さでは六角よりも丸ナット。あとは雄ネジをD形に切欠いて当り面のネジ山を無くす。

もっと大胆には、クランプ部を外径にするため、証を写す加工を施し、チャックを変える。
加工能率向上の為にはなにがしかの付加加工が必要。

AI(人工知能)の夢想的なものは別として、高度な設備ほど硬直的です。

お礼

2011/03/09 18:56

具体的な回答ありがとうございます。

設備はローダーの付いた自動機なので、ナットを付けたりはちょっと厳しいですし、このご時世工程(工数)を追加することは滑ることによる不良率から換算するとコストUPになってしまいますので、難しいです。

ただ、干渉の兼ね合いでネジ位置出しは前工程でやっているので、銅やアルミで挟み込む考えは出来そうです。

心配して頂いている押す力の方は、問題ありません。
回転力に対するものだけなので。

ありとうございました。

質問者

このQ&Aは役に立ちましたか?

この質問は投稿から一年以上経過しています。
解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

質問する

その他の回答 (3件中 1~3件目)

2011/03/09 09:06
回答No.3

単純に考えられる対処方法を挙げると

1.コレットチャックに変更

2.押コップを使用(ワークの端面での面圧を利用)

3.チャック側にねじ位置に合う場所にアルミ・樹脂・銅 などでブッシュを
 追加してねじをドライブする

4.上記と逆でねじにブッシュを差し込む

注意点として
 使えるねじが複数あるなら出来るだけ外に近い位置のねじを使う事
 実際には1本しか効かないかも知れないが複数使う方が安全だと思う。

お礼

2011/03/09 18:45

回答ありがとうございます。

1.コレットチャックを使用しております。

2.コレットチャックの引込みである程度端面面圧は出していると思いますが、
  板圧が薄いので、あまり強く出来ません。

3.樹脂は削れ安いので、アルミ・銅を使うのは有りですねぇ。
  ねじの材質よりも低い硬度のものを選定してやってみます。

4.干渉の関係でネジ位置を位相出ししているので、3.が有効ですねぇ。

ありがとうございます。
試してみます。

質問者
2011/03/08 21:28
回答No.2

ワーク材質や使用インサート(チップ)の仕様、切削条件など
が不明ですが、
? 切り込みを半分、送りを2倍にする
 (おおよその切削時間は同じで切削抵抗は確実に低減できる)
? より切削抵抗の低いインサートへ変更する
などの方策は検討に値しませんか?

?については、現在ご使用されているインサートのメーカのフリー
ダイアルに相談することで、適切なタイプを推奨してもらえるハズ
です。

お礼

2011/03/09 18:49

回答ありがとうございます。

?は考えました。
ただ、送りを上げると面粗さが悪くなるため、荒切削では有効ですが仕上げ切削では送り変えれないため、結局切削時間は長くなってしまいます。

仕上げ面粗さは、6.3z以下が規格なので...厳しいんです。

?は問い合わせてみます。

ありがとうございます。

質問者

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。