サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus
お知らせ
株式会社NTTぷららは、2022年7月1日(金)をもって株式会社NTTドコモと合併しました。
これに伴い、映像配信サービス「ひかりTV」およびインターネット接続サービス「ぷらら」のサービス提供事業者は、株式会社NTTドコモへと変更になります。
  • ひかりTVからのお知らせはこちら
  • ぷららからのお知らせこちら
  • このQ&Aは役に立ちましたか?

    ベストアンサー
    すぐに回答を!

    キャンペーンと継続について

    2018/02/20 13:16

    3か月無料キャンペーンということで
    契約をしたのですが
    自動的には契約は延長されないといわれました。
    継続する場合は必ず意思の確認があるので
    放っておいた場合でも料金が請求されることはないと。
    しかし
    契約書が届いてみると
    無料期間が過ぎても自動では解約されないと
    書かれています。
    どちらが正しいのでしょうか?
    電話の話と違うのであれば契約をクーリングオフするつもりです。

    ※OKWAVEより補足:「ひかりTVのサービスやISPぷらら」についての質問です。

    質問者が選んだベストアンサー

    ベストアンサー
    2018/02/20 14:02
    回答No.2

    >3か月無料キャンペーンということで契約をしたのですが自動的には契約は延>長されないといわれました。
    >継続する場合は必ず意思の確認があるので放っておいた場合でも料金が請求さ>れることはないと。
    どこ(代理店?)に申し込んで、誰と契約の確認をしたのでしょうか?
    また、電話で確認されたのでしょうか?
    口頭では、記録が残りませんので、再度確認されては如何でしょうか。

    また、契約内容が良く判りませんが、ネットでも、ネットTVにしても
    工事をされていると思います。
    ですから、その状況で改めて継続の確認をする、と言うことは
    チョット考えにくいですね(そのまま継続となるのが一般的です)。

    更に、契約書に、
    >契約書が届いてみると、無料期間が過ぎても自動では解約されないと書かれています。
    これが正しいものと見て取れます(実際、契約書は見ていませんが)。

    何れにしましても、お早めに確認された方が宜しいかと思います。

    お礼

    回答ありがとうございます。他の方もこちらですいませんが回答ありがとうございました。
    この後、契約書を送ってきたNTTぷららさんに電話で確認したところ、
    キャンペーンの勧誘の電話は代理店であるソフトバンクからの電話でしたが(書いてませんでしたが)
    そちらのキャンペーンは
    NTTぷららのキャンペーンとは別の独自のもので、
    契約書には、ぷららの規定の文章だけ(自動解約されない旨の)が書かれているということでした。
    ソフトバンクのキャンペーンの自動継続はしないという条件は
    有効だそうですが・・・ソフトバンクの管轄?ということでNTTぷららの契約書には明記しないようです(自動で継続(自動解約されない)されるとありますからね)。
    これ戸惑いますね・・・と一応気持ちは伝えましたが、
    自動で継続されないと確認しましたので良しとしました。
    口頭の約束が契約書を上回るということになります。
    しかし、無料キャンペーンとは言えども証拠というか書面が残らないのは
    あんまり印象は良くないというのが正直な気持ちです。

    2018/02/20 19:56

    このQ&Aは役に立ちましたか?

    その他の回答 (4件中 1~4件目)

    2018/02/20 17:27
    回答No.4

    契約書が優先、と思います。

    電話が正しいのならば契約書の必要がないはず
    です。
    なのに契約書を送ってきたのだから、契約書が優先。

    諾成契約
    契約書を送って文句を言わないのだから、成立ですよ!
    な作戦かもしれません。

    どちらにしても クーリングオフは必ず必要 と感じました。

    お礼

    ありがとうございました。
    口頭のないようは有効だと確認取れました。これも電話ですが。
    代理店とNTTぷららの間の取り決めが契約書に記載されていないだけのようでした。
    本当にわかりにくですね。
    今は色んな商法があるので・・・わかりやすくしてもらいたいです。

    2018/02/20 20:01

    2018/02/20 14:49
    回答No.3

    法律上は、事実上
    口頭説明が、優先されます。

    もし、
    此を、違えた場合、

    虚偽説明に、よる
    不当勧誘が
    常態化していた。


    此が
    明白な、事実と
    なる訳ですから、

    詐欺告訴すら
    視野に、入ります。


    企業に、とっては
    此は
    不買運動、一発倒産、
    すら、あり得る
    改悪の、シナリオです。


    ですので、
    企業は、何としても
    口答を、優先しないと

    より最悪な、事態に
    陥りますので、

    お礼

    回答ありがとうございしました。
    詐欺ではなかったですが
    かなり不安な気持ちになりました。
    契約書に基づき、啓作先のNTTぷららに確認した所
    契約書の記載形式が代理店(ソフトバンク)側のキャンペーン規定について
    掲載しないということですが、
    口頭で聞いた条件は有効になってるそうです。
    ソフトバンクが詐欺をするとは思ってませんが
    ソフトバンクを語った詐欺はありますからね・・
    契約なんだから・・条件は全て列挙してくれないと困るんですけどね。
    有効だという事で一応納得しました。

    2018/02/20 20:05

    2018/02/20 13:22
    回答No.1

    基本的にキャンペーンは、解約忘れや、気に入って使い続けることを期待しての無料キャンペーンです。

    ですので、じどうかいやくはされないというのが一般的なものです。

    あなたの契約に立ち会ったわけでもありませんので、あなたや店の内容はわかりません。
    契約書が全てになります。
    「キャンペーン中に解約の申し入れをすれば自動更新はされません。」というのもあります。

    お礼

    回答ありがとうございました。
    一般的には、契約書の記載通り自動解約されないようです。
    しかし、契約先のNTTぷららに電話で確認した所
    契約書には原則として自動化解約されないという規定は明記されておりますが
    代理店(ソフトバンク)のキャンペーンでの自動契約はないというのは
    有効らしいです。
    代理店でのキャンペーンでの継続方法については
    契約書に載らないようです。
    契約書としては、どうかな・・・と思う次第ですが(オペレーターさんには伝えましたが(/・ω・)/)。
    一応納得しました。

    2018/02/20 20:13