サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus
お知らせ
株式会社NTTぷららは、2022年7月1日(金)をもって株式会社NTTドコモと合併しました。
これに伴い、映像配信サービス「ひかりTV」およびインターネット接続サービス「ぷらら」のサービス提供事業者は、株式会社NTTドコモへと変更になります。
  • ひかりTVからのお知らせはこちら
  • ぷららからのお知らせこちら
  • このQ&Aは役に立ちましたか?

    ベストアンサー
    暇なときにでも

    ぷららISP利用料金とは

    2020/06/25 08:25

    ぷららISP利用料金とは何でしょうか
    毎月990円税込引かれてます

    ※OKWAVEより補足:「ひかりTVのサービスやISPぷらら」についての質問です。

    質問者が選んだベストアンサー

    ベストアンサー
    2020/06/25 08:45
    回答No.1

    何を見てそれが出てきているかわからないので、一般的は話で。

    ISPは「インターネットサービスプロバイダ」のことです。「ISP利用料金」となると、このプロバイダを利用している料金という意味になります。
    普通、ISP利用料金のみ請求が来ているなら、プロバイダの単独契約をされている可能性があります。
    990円(税込)はオプションサービスなどが含まれていないなら、『ぷらら光IP電話メイト with フレッツ(ホーム)』が該当します。

    ○○光(例:ドコモ光)を使っているなど、プロバイダ契約を他と結んでいる状態であれば、解約忘れでしょう。ぷららサポートにて解約手続きを行ってください。

    お礼

    教えていただきありがとうございました

    2020/07/10 08:22

    このQ&Aは役に立ちましたか?

    その他の回答 (4件中 1~4件目)

    2020/06/25 11:31
    回答No.4

    > ぷららISP利用料金とは何でしょうか
    どの部分が不明なのですか?
    「ぷらら」はプロバイダ、つまりインターネットの接続を提供する会社の名前です。
    「ISP」はInternet Service Providerの頭文字を撮ったもので、上記の業態の名称です。
    「利用料金」は、その名の通りです。通常は契約していて月額で支払われます。利用料とありますが、契約中だと利用しなくても料金はかかります。

    2020/06/25 10:15
    回答No.3

    私は、ぷららの関係者ではありません。
    Taiyoind さんのこの質問は、下記の参加企業の質問サイトからですね。
    https://okbizcs.okwave.jp/
    この質問が、Taiyoind さんの操作により、ぷららの質問サイトの中にあるQ&Aコュニティー「OKBiz」から、外部の質問サイトの「OK WAVE」にも接続・表示・公開されました。
    Q&Aコュニティー「OKBiz」には、外部の質問サイトへ接続という表示が無いし、また、この回答は、ぷららのサポート担当などからの回答ではありませんので、誤解されませんようお願いします。
    「OK WAVE」とは、世界中のインターネットから、誰でも閲覧・投稿が出来る一般に公開された質問サイトです。
    私の回答は「OK WAVE」からです。




    > ぷららISP利用料金とは何でしょうか

    「ISP」とは、Internet Services Provider  の事です。
    http://e-words.jp/w/ISP.html
    つまり、「ぷらら」という名前のプロバイダで、そのプロバイダの利用料金ですね。

    もしかして、固定のインターネット回線は、NTT東日本・西日本のフレッツ回線の契約(光回線・ADSL回線・ISDN回線)ですか?
    NTT東日本・西日本のフレッツ回線の契約の場合は、別途、ユーザーの責任でプロバイダの契約が必要です。
    つまり、フレッツ回線契約と、プロバイダの2社契約となります。

    プロバイダ契約をしないと、NTT東日本・西日本のフレッツ回線は、インターネットへ接続しません。

    プロバイダとの契約トラブルは、NTT東・西とは別会社なので、NTT東・西では責任を取りません。
    プロバイダとのトラブルには、新規契約・解約・変更などがあります。
    特に料金トラブルや、解約時のNTT東・西との解約をしたが、プロバイダの解約忘れで長期間の口座振替となったが、金返せ・責任を取れなどの苦情が、NTT東・西に有ります。
    プロバイダの解約忘れは、前記の2社契約という事を、忘れた・知らなかった等の為です。

    ----------------------

    もし、フレッツ回線契約と、プロバイダの2社契約に疑問ならば、現在、フレッツ回線が「光回線」であるなら、光回線の「転用契約」はどうでしょう。

    光回線の「転用契約」とは、NTT東・西との契約をそのまま(2年しばりなども含む)で、工事なしで、プロバイダとの1社契約にするのです。
    (NTT東・西の光回線契約と、プロバイダとを、同一の1社にしての契約)

    質問の場合は、プロバイダが「ぷらら」ですから、光回線の「転用契約」で契約先の変更です。
    そして、契約の名称・料金プランを「ぷらら光」とすると、1社契約ですから前述の2社契約よりも、使用料が若干安くなります。

    この「転用契約」は、次のぷららのサイトで、画面の下の方の【光回線を利用中の方(転用・事業者変更)】でも説明が有ります。
    https://www.plala.or.jp/p-hikari/?tenyou

    「転用契約」で、契約先がぷららの1社契約になっても、光回線の工事・メンテナンス・アフターは、建物内のNTTマークの機器までは,NTT東・西(協力会社・下請けを含む)がします。
    ただし、これらの申込先は、契約のぷららとなって、NTT東・西では直接の受付をしません。

    2020/06/25 08:45
    回答No.2

     
    インターネットに接続するサービスの料金です。
    光ファイバーを工事してもIPSが無ければインターネットには接続できません。