サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus
お知らせ
株式会社NTTぷららは、2022年7月1日(金)をもって株式会社NTTドコモと合併しました。
これに伴い、映像配信サービス「ひかりTV」およびインターネット接続サービス「ぷらら」のサービス提供事業者は、株式会社NTTドコモへと変更になります。
  • ひかりTVからのお知らせはこちら
  • ぷららからのお知らせこちら

  • このQ&Aは役に立ちましたか?

    締切済み
    すぐに回答を!

    支払い料金の疑問?

    2020/08/28 15:56

    2020年1月末に、ntt光からぷらら光にしたのですが・・現在8/28時点で、nttへの支払いとぷららへの支払いを返りみると、nttからの銀行引落は、2月5,904円 3月4,312円で、ぷららからもDCで2月6.783円 3月6,080円となっています。そのまま見ると、ぷららから二重取りされたと
    見えるのですが・・・この経緯を説明ください!

    ※OKWAVEより補足:「ひかりTVのサービスやISPぷらら」についての質問です。

    回答 (5件中 1~5件目)

    2020/08/28 21:12
    回答No.5

    サービスフォームもしくは電話問い合わせ
    https://www.plala.or.jp/support/contact/
    で電話で質問したほうが良いかと思います。

    このQ&Aは役に立ちましたか?

    この質問は投稿から一年以上経過しています。
    解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

    質問する
    2020/08/28 19:13
    回答No.4

    私は、ぷららの関係者ではありません。
    m-kanai さんのこの質問は、下記の参加企業の質問サイトからですね。
    https://okbizcs.okwave.jp/
    この質問が、m-kanai さんの操作により、ぷららの質問サイトの中にあるQ&Aコュニティー「OKBiz」から、外部の質問サイトの「OK WAVE」にも接続・表示・公開されました。
    Q&Aコュニティー「OKBiz」には、外部の質問サイトへ接続という表示が無いし、また、この回答は、ぷららのサポート担当などからの回答ではありませんので、誤解されませんようお願いします。
    「OK WAVE」とは、世界中のインターネットから、誰でも閲覧・投稿が出来る一般に公開された質問サイトです。
    私の回答は「OK WAVE」からです。




    > 2020年1月末に、ntt光からぷらら光にしたのですが

    2020年1月末までの「ntt光」とは、光回線の契約が「NTT東・西のフレッツ光」と、プロバイダの契約が「ぷらら」と、2社の契約なので2社の支払いとなります。

    2020年2月からは、NTT東・西フレッツ光の「転用契約」と契約方法で、契約をぷらら1社にまとめて、料金プラン名(回線種類・速度など)を「ぷらら光」となったのです。


    ネット回線や、携帯スマホなどの料金請求は、2~3カ月遅れの請求となりますし、また、クレジットの手続き・解約が反映するのも2~3カ月遅れとなります。




    > nttからの銀行引落は、2月5,904円 3月4,312円で、ぷららからもDCで2月6.783円 3月6,080円となっています。そのまま見ると、ぷららから二重取りされたと見えるのですが・・・・

    請求の明細内訳が分かりませんが、m-kanaiさんには、来ているはずです。、
    請求の明細内訳が来ていなければ、ネットでも確認出来ます。

    前述の様に請求遅れ・反映が2~3カ月遅れなので、NTT東・西からは 2020年1月分までの分の請求は、3月か4月頃まで来ます。(それ以後は、NTT東・西からの請求は無くなる)

    またぷららからの請求は、2020年1月分までの請求は、3月か4月頃まで来るだろうし、また、3月頃からの請求は前記の光回線の契約変更の請求分(今までNTT東・西が請求していた光回線契約分)が、ぷららから来ます。
    繰り替えますが、ぷららからの請求の二重と思われる金額は、明細内訳で確認するしかありません。

    2020/08/28 18:24
    回答No.3

    2重取りあり得ません
    そんなことがおこればあなただけの問題でなく社会問題でしょう
    説明はどのような契約などをされているかわからないので
    ここで聞かれて説明できる人などいません。

    2020/08/28 16:37
    回答No.2

    あなたが契約した時の資料や情報など、全ての情報を出されれば、説明できると思いますが。
    ほとんどの場合そこに書かれていますので。

    一般的に、契約した月は、請求が起こりません。

    翌月などからの請求が一般的です。
    つまり、契約を辞めても、1~2ヶ月後まで、請求が遅れて発生することがあります。ということは、一般的に解約時にも説明されて居るはずです。

    また、月の途中で解約をした場合、その月の料金は1月分として請求されるのが普通です。
    月中開通でも、その月の分の利用料金は必要というところが多いですので、(データ量の制限がないものが一般的ですので、日割りにできないため)大抵契約を切り替えたときは、両方に1ヶ月分づつ払うことになって、2重にかかるものが多いです。

    これが重ならないようにするためには、月末に解約して、翌月になってから回線の開通が必要(つまり、使えない時間が発生する。公示日によっては数日間使えないこともある)訳です。

    こういうのは、契約時や解約時に説明されて居るのが普通です。

    そのために、1~3ヶ月くらいは、両方からの請求が残ってしまうというのはよくある話。となります。
    大抵、請求が長く続くのは、上の切り替えの1ヶ月分+請求開始遅れ+クレジットカード決済だと締め日の関係での翌月廻しになる遅れであって、二重請求にはなっていない。というのがほとんどです。

    その辺よく確認されましたでしょうか?

    2020/08/28 16:14
    回答No.1

    説明せよと言われても.........
    我々は一般人ですから、貴方の契約内容は判りません。

    お礼をおくりました

    さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

    ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
    なおベストアンサーを選びなおすことはできません。