サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus
お知らせ
株式会社NTTぷららは、2022年7月1日(金)をもって株式会社NTTドコモと合併しました。
これに伴い、映像配信サービス「ひかりTV」およびインターネット接続サービス「ぷらら」のサービス提供事業者は、株式会社NTTドコモへと変更になります。
  • ひかりTVからのお知らせはこちら
  • ぷららからのお知らせこちら

  • このQ&Aは役に立ちましたか?

    1人が「役に立った」と評価
    締切済み
    すぐに回答を!

    マンションタイプからマンションハイスピード変更

    2021/02/12 22:56

    マンションタイプからマンションハイスピードタイプに変更する方法を教えてください。
    マンションタイプでは、下り100MbpsがMaxですが、マンションハイスピードタイプでは、下り100MbpsがMaxとなります。
    現状60Mbps程度しか出ていないので、ダウンロード速度を上げるために、マンションハイスピードタイプに変更したいのですが、どのように変更したらよいのかわかりません?
    教えてください。

    ※OKWAVEより補足:「ひかりTVのサービスやISPぷらら」についての質問です。

    回答 (3件中 1~3件目)

    2021/02/13 14:11
    回答No.3

    No.2です。
    追加の質問につきまして、理論上だけで言えば上昇はします。
    ただ、配線方式の変更は困難を極めることになります。
    詳細については、方式は違いますが以下URLが参考になるかと思います。
    https://hikari-mama.com/mansion-vdsl
    どの方式に変更するにしろ、踏むべき手順は同じとなりますし、状況によっては、大家さんから住民全員に対し、導入工事の工事費の負担を求められる場合もあります。
    それに加え、全部屋分の品目変更工事の工事費の負担金も、頭割り、または最低でも自室分はかかってきますから、たとえ大家さんから許可が下りたとしても、安い金額では済まないでしょう。
    ですので、引き込みが可能な場合に最も確実な速度アップの方法として、前の回答でファミリータイプと言う選択肢を挙げさせていただきました。

    このQ&Aは役に立ちましたか?

    この質問は投稿から一年以上経過しています。
    解決しない場合、新しい質問の投稿をおすすめします。

    質問する
    2021/02/13 07:51
    回答No.2

    問題となる可能性がある部分があります。
    それは、マンションタイプの配線方式が不明であると言う点です。
    マンションタイプの光配線の配線方式は、3つの種類があります。

    ・VDSL方式
    ・LAN配線方式
    ・光配線方式

    このうち、契約プランを変更したときに確実に速度が上昇するのは、光配線方式のみです。
    VDSL方式では、上限が100Mbpsとなりますので、1Gbpsの契約に乗り換えたとしても、VDSLの上限に引っかかり、100Mbsp以上の速度は望めません。
    LAN配線方式の場合は、見かけ上は上限が1Gbpsとなりますが、建物内部に通してあるLANケーブルの性能により、伝送帯域(一度に送受信できる通信量)が変化します。
    築10年を超える建物では、ほぼ確実にカテゴリ5eのLANケーブルが使われていますので、伝送帯域は100MHzとなります。
    これに対し、カテゴリ6のケーブルが使われていた場合は、伝送帯域は250MHzと2.5倍ほどになります。
    と、この辺はかなり複雑になりますので要点だけまとめると、カテゴリ5eのような古い規格のLANケーブルを配線している建物の場合、思ったほど速度が出ないか、最悪のケースでは全く差が感じられないと言う事態に陥ります。

    いずれにせよ、マンションタイプがどの方式で提供されているかにより、どう対応してゆくべきかが変わってきます。
    ですので、まずは不動産屋さんに配線方式を確認なされた方が良いでしょう。
    結果、LAN配線方式であった場合、使用しているLANケーブルのカテゴリもチェックなされてみてください。
    カテゴリ5だと最大100Mbps、カテゴリ5eだと最大1Gbps(ただし遅い)、カテゴリ6以上は高速回線対応と認識なされておくと良いかと思います。

    また最終手段として、電柱の高さと同等(3階)、あるいはそれより下の階層にお住みの場合、ファミリータイプの回線契約が可能となります。
    また一部マンションでは、4階以上であってもファミリータイプが施工できる環境が整っている場合もあります。
    そのようにファミリータイプの施工が可能な住居であった場合、既存の配線ルートに這わせてファミリータイプの回線を引き込むことで、壁に穴を空けたりすることなく、単独回線の引き込みが可能となります。
    この方法でしたら、マンションの配線方式に寄らずに高速回線の引き込みが可能となりますので、ご一考なされてみてください。

    お礼

    丁寧なご説明ありがとうございました。
    NTT東日本の利用サービス名をBフレッツ開通のご案内で確認したところ、 
    マンションタイプ(プラン2ハイパー)VDSL方式(100Mbps)
    と記載されていました。
    VDSL方式ですので、上限が100Mbpsとなっていることが理解できました。
    ・追加の質問
    マンション内でも、速度アップを考えている方がおり、マンションタイプの光配線の配線方式をLAN方式に変え、ケーブルをLANケーブルをカテゴリー6a以上にすれば、速度は上昇するのでしょうか?

    2021/02/13 08:24

    2021/02/12 23:24
    回答No.1

    集合住宅に設置される回線なので 開通していたら自動的に利用可能になるんじゃないか?と思います
    https://www.isdn-info.co.jp/next_highspeed_west/mantion.html

    8件もしくは16件以上の利用者が望める場合にマンション所有者が契約する回線になります

    関連するQ&A

    お礼をおくりました

    さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

    ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
    なおベストアンサーを選びなおすことはできません。