サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

締切済み
すぐに回答を!

rubix22が上手く反応しません

2018/07/31 13:43

先日、rubix22を購入しました。初めてオーディオインターフェースを買ったということもあり、セットアップには時間がかかりましたが指定されている通りにしました。しかし、いざ6弦ベースにつなげて演奏をしてみると6弦のみ緑のランプがしっかり反応していますが5~4弦は反応が鈍く、3~1弦はほとんど反応しません。これは、セットアップの段階でまちがっているから起こっているのでしょうか?回答お願いいたします。

※OKWAVEより補足:「電子楽器メーカーローランド製品、ボス製品」についての質問です。

回答 (1件中 1~1件目)

2018/08/03 21:00
回答No.1

初めてオーディオインターフェースを使うとのことで、何が正解かよくわからないかもしれませんね。

ベースをつなげて演奏(=音声を入力)して緑ランプ点灯を確認しているということは、レベルインジケーター(SENSつまみの上のランプ)を見ているとのことでしょうか。
ここのことでしたら、パソコンとの接続とは関係が無い箇所になります。

説明書によると、「INPUT(1L、2R)端子に-24dB(※)以上のオーディオ信号が入力されると緑色で点灯します。」とあります。この入力レベル(音量)より小さいと、音声は入力されても、ランプは点灯しません。

ベースの各弦ごとで、同じように弾いているつもりでも、若干音量は違ってくると思います。おそらくそれが原因で、緑色のランプの点灯状況が違っているのではないでしょうか。
(緑色のランプが点灯するかしないかギリギリぐらいの入力レベルになっている)

ベースのボリュームを上げたり、Rubix のSENSつまみを右に回すと、入力レベルを上げることが出来ますので、どの弦を弾いても緑色のランプが点灯するようになると思います。

入力が大きくなりすぎると赤ランプが点灯するようになりますので、赤ランプが点灯しない程度に、ギリギリまでベースのボリュームやSENSつまみを上げると良いでしょう。基本的に、音がひずまないギリギリまで大きな音量で録音すると音質面で有利です。

このQ&Aは役に立ちましたか?

関連するQ&A