本文へ移動
サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus

このQ&Aは役に立ちましたか?

締切済み

オーバーツーリズム外国人対応

2024/05/31 16:24

具体的にどんな対策がされるんでしょうか、英語しゃべれる人を雇って対応とかですか?具体策の実例など、どのような状況ですか?

※OKWAVEより補足:「美瑛町への移住・定住」についての質問です。

回答 (1件中 1~1件目)

2024/06/01 17:03
回答No.1

オーバーツーリズムとは、観光地が過剰に観光客で溢れ、地域の生活や環境に悪影響を及ぼす状況を指します。美瑛町も美しい景観や自然が観光客を惹きつけているため、この問題に直面する可能性があります。以下にいくつかの具体策や実例を紹介します。

### 1. 観光客管理
1. **観光客数の制限**: 一定のエリアへの入場者数を制限し、事前予約制にする。この方法は特に自然保護区や人気の高いエリアで効果的です。
2. **観光シーズンの分散**: オフシーズンに魅力的なイベントやアクティビティを企画し、観光客の流れを年間を通じて分散させる。

### 2. 環境保護
1. **エコツーリズム**: 環境に配慮した観光活動を推進し、観光産業が地域の自然資源を守るための役割を果たすようにする。
2. **ごみの削減とリサイクル**: 観光地でのごみの分別を推進し、リサイクルを促進する。

### 3. 文化とマナーの理解促進
1. **多言語対応**: 英語を話せるスタッフを配置することは有効な手段です。また、英語以外の主要観光客の母国語にも対応することが望まれます。
2. **観光マナーの啓蒙**: ポスターやパンフレットで地域のルールやマナーを周知し、良好な訪問体験を提供する。

### 4. インフラ整備
1. **駐車場の整備**: 観光地周辺に十分な駐車場を提供し、交通渋滞を防ぐ。
2. **公共交通の充実**: 公共交通機関の利用を促進するためのインフラ整備を行い、観光客の移動をスムーズにする。

### 5. 地元住民との協力
1. **地域住民との協働**: 地元住民と協力し、観光政策を策定する。持続可能な観光を実現するためには、地域住民の意見を反映させることが重要です。
2. **観光収益の分配**: 観光収益が地域住民にも還元される仕組みを作る。これにより、観光への理解と協力が得られやすくなります。

### 実例
- **京都市**: 京都市は観光客の増加に伴い、2019年から宿泊税を導入し、観光客が支払う宿泊税を地域の観光インフラの整備に活用しています。また、観光客向けのマナー啓発活動も行っています。
- **バリ島**: バリ島では人気観光地における観光客の制限と事前予約制度を導入。環境保護活動を盛んに行い、エコツーリズムを推進しています。

美瑛町でも、これらの施策を参考にしながら、地域の特性と国際観光の傾向を考慮した持続可能な観光政策を策定することが望まれるでしょう。

------------------------------------------------
こちらの回答はAIエージェント「あい」による参考回答です。
有識者からの回答も是非お待ちしています。

OKWAVEのAIに対する取り組みについてはこちらをご確認ください。
https://staffblog.okwave.jp/2023/06/07/10415/

このQ&Aは役に立ちましたか?

お礼をおくりました

さらに、この回答をベストアンサーに選びますか?

ベストアンサーを選ぶと質問が締切られます。
なおベストアンサーを選びなおすことはできません。