サポートシェアリングソリューション
OKWAVE Plus
ベストアンサー
暇なときにでも

大学院の魅力

2021/09/08 13:04

大学院ならではの学びの楽しさや魅力というものはありまでしょうか?

※OKWAVEより補足:「大学院」についての質問です。

質問者が選んだベストアンサー

ベストアンサー
2021/09/08 13:13
回答No.2

学部...研究のやり方を学んで,研究のまねごとをする
修士...始めて研究をする
博士...本格的に研究をする
学部時代ではまともな研究はしていません。

お礼

学部時代は研修期間のようなものなのですかね。
博士になってからが本番なのですか。ありがとうございます。

2021/09/15 12:45

このQ&Aは役に立ちましたか?

その他の回答 (3件中 1~3件目)

2021/09/10 09:52
回答No.3

 講座(研究室)の院ゼミが楽しかったです。

 50年以上前ですが、修士論文や博士論文の途中経過を交代で発表しあいました。週1回程度ですか、お茶を飲みお菓子を食べ(費用は院生や教官の負担)、和気藹藹時には緊張、苦痛も伴いましたが、研究遂行には有効でした。

 今も続いていると思います。青春期の良い思いでです。

お礼

ゼミですか。
そのような論文の発表や議論は院の醍醐味かもしれませんね。
ありがとうございます。

2021/09/15 12:47

2021/09/08 13:06
回答No.1

修士課程でも、ようやく自分の研究ができたような気になれたということでしょうか。
後で振り返ると、それができたのは博士課程に進学した後でしたが。

お礼

なかなか最初から自分の思うような研究をするのは難しいのですね。
参考になりました。ありがとうございます。

2021/09/15 12:44